ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

個人であれば偽ブランド品をオークションで販売してもOK?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
個人であれば偽ブランド品をオークションで販売してもOK?

Q.

 Xさんは、ある有名ブランドの偽物バッグを、偽物と知りつつ人づてで買いました(有名ブランドのロゴなどは商標登録済み)。このバッグをネットオークションで販売しようと考えています。「偽物とわかっていても、個人で販売するのだから問題ない」と考えています。

 本当に大丈夫でしょうか?

(1)個人で販売しているため犯罪にならない。
(2)個人であっても犯罪になる。

A.

正解(2)個人であっても犯罪になる。

 個人で販売するからと言って、知っていて偽ブランド品を販売すれば罪に問われます。

 具体的には、まず商標法78条違反があります。当該条文では商標権を侵害(類似商品の販売など)した者は10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金が科せられる(併科も)旨が規定されています。

 また、偽ブランド品を「本物」と偽って販売した場合、刑法の詐欺罪(刑法246条)に該当する可能性もあります。

元記事

個人であれば偽ブランド品をオークションで販売してもOK?

関連情報

税関から「認定手続開始通知書」が来た!(なっとく法律相談)
ネットオークションで落札したバイクの中古部品(なっとく法律相談)
ネットオークション(インターネット)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。