ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TAG HeuerのAndroid Wearスマートウォッチ「Connected」は表参道と銀座で発売中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google Japan は、TAG Heuer の高級 Android Wear スマートウォッチ「TAG Heuer Connected」が国内ではエスパス TAG Heuer 表参道とエスパス TAG Heuer 銀座にて販売中と発表しました。オンラインでの販売は行われていない模様です。Connected は、Google、Intel、La Chaux-de-Fonds の協業によって生まれた腕時計メーカー初の Android Wear スマートウォッチで、国内では 165,000 円 + 税というかなり高い値段で販売されています。TAG Heuer Connected の本体には、チタン合金のケースが使用されており、約 1.5 インチの円型ディスプレイが使用されています。プロセッサには Android Wear 初の Intel Atom を採用したほか、RAM 容量は他社製品の倍となる 1GB もあります。機能面は既存の Android Wear スマートウォッチと大差ないものの、TAG Heuer Carrera 風の仕上がりで、TAG Heuer 独自のウォッチフェイスを複数備えるなど、外観はまさに高級腕時計です。また、スペックも高いので性能面では他社の製品を上回っていると思います。Source : Google Japan

■関連記事
OnePlus、OxygenOS 2.1.3をOnePlus Xに配信開始、Micro SDカードの機能を改善
Google、Android Dev Summit 2015のキーノート・セッションビデオを公開
Galaxy Tab Pro 10.1も同様にAndroid 5.xにはアップデートされない

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP