ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山本圭 撮影ゼロで終わった初日が仕事場で泣いた最初で最後

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優座養成所時代に叔父が監督する映画でデビュー、以後、様々な舞台や映画、テレビドラマ等で活躍する山本圭の役者人生は、順風満帆に見えるが、デビュー作では今も鮮やかに思い出される苦労があったという。初めての撮影で味わった苦しさについて山本が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 山本圭は山本薩夫監督を叔父に持ち、兄の学と弟の亘も俳優という環境に育つ。中学・高校と演劇部で活躍した後、1960年には俳優座養成所に入所する。まさに、役者一筋といってもいい。

「小学校からのひとつ下に東野孝彦(英心)、長山藍子、『上海バンスキング』の劇作家になる斎藤憐、二つ下に串田和美がいましてね。長山と東野は養成所で同期だったのですが、次の年に斎藤も串田も受けると言い出して。それで、養成所の問題集を盗み出してきて、『パントマイムのコツはこうだ』『試験ではここが見られる』とか教えていました。

 俳優というのは、背が高くて綺麗な二枚目がなると思われがちです。私は背が高くないというのを若い頃から分かっていました。それでも、背が低くてもやれる場所があるんじゃないかと思っていたんです。
 
 薩夫監督との関係もあり、俳優さんたちが正月に我が家に来ることもあって、彼らを見ているうちに『俳優というのは二枚目でなくても成り立つ』と思うようになりました。彼らを自分に引きつけて考えてみたら、『やれるかもしれない』と思えた。

 それでも、版画家になるか俳優になるかで悩んだことはあります。銅版画でも協会の展覧会で何度も入選していましたから。でも、ある展覧会に入選したというので見に行ったら、僕の作品は逆さまに掛かっていましたけどね……」

 本格的な映画デビュー作は薩夫監督による『乳房を抱く娘たち』(1962年)だった。

「撮影第一日は忘れもしません。私ともう一人が稲わらを抱えてセリフを言いながら牛舎の外へ出る場面で、カメラは外から撮っている。撮影は朝の8時から始まったのですが、監督からなかなかOKがもらえない。

『お前、養成所で何を勉強してきたんだ! もう一回!』って。でも、何度やっても駄目なんですよ。それで、9時、10時、11時になっても、私のせいでワンカットも進まない。その間に監督からは罵倒の限りです。

 ついに昼飯の時間になったのですが、『お前、昼飯なんて食わないでいいから勉強してこい!』と監督に言われましてね。そして昼休み後にまた撮影が始まったら、また同じですよ。ありとあらゆる罵声を浴びました。ついにはカメラマンが『監督、もうあかんですわ。3時。お日さまが陰ります』と言いましてね。それで、その日の撮影はワンカットも撮れずに終了してしまいました。

 私は居ても立ってもいられなかったです。初めての映画撮影の現場でしたが、初めて仕事場で泣きました。仕事場で泣いたのは、あれが最初で最後です。

 薩夫監督としては、自分の甥を準主役にしている。しかも、新人なわけです。ですから『プロの俳優の世界は甘いもんじゃないぞ』ということを伝えたかったんだと思います。その後も薩夫監督の映画には何本も出ましたが、何か言われたことは一度もありません。最初の現場であれだけの罵倒を受け止めたから、他の監督に多少の無理を言われても、平気になりましたね」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
主演映画公開の八千草薫 仲代達也と一緒に和服姿を披露する
たけしに産毛そられる? 映画ヒロイン忽那汐里が美脚を披露
滝田洋二郎、周防正行他 ピンク映画から巣立った名監督多い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。