ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東貴博が自由が丘に2億円豪邸を建設 自称「普通の2階建て」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・自由が丘に。東貴博(45才)が新居を建てていることが明らかになった──。

 住みたい街ランキングでは常にTOP3に入り、数多くの著名人が住んでいる東京・自由が丘。現在、その高級住宅街の一角で新居の建設が進んでいる。敷地面積はおよそ200平方メートル。完成は来年1月予定で、地元不動産店によれば、土地だけで1億数千万円、建物を合わせると約2億円の大豪邸だという。近隣住人が語る。

「9月末かな、工事が始まる前に建築主のかたが菓子折持って挨拶に来ましてね。“よろしくお願いします”って。よく見たら東貴博さんなの。ビックリしました。物腰の柔らかくて感じのいいかたで、このあたりじゃもう評判ですよ。“2階建ての普通の家になります”って言ってたけど、なにをおっしゃいますか(笑い)。生まれたばかりの赤ちゃんがいらっしゃるみたいで。子育てしやすいご自宅を考えていらっしゃるんでしょうね」

 今年3月、妻の安めぐみ(33才)との間に第一子(長女)が誕生した東MAX。それまで都心の貸家で暮らしていたという一家にとって、念願のマイホームというようだ。

 父は昭和の名コメディアン・東八郎。東MAXは1994年に深沢邦之(49才)とお笑いコンビ『Take2』を結成して以降、万札で汗を拭くギャグなど、苦労知らずのボンボンキャラで人気を博してきた。豪邸建築も小遣いでポンッ! かと思いきや、実情は違った。

「意外ですが、東さんは両親にメチャクチャ厳しく育てられていて、金銭感覚は超まともなんです。ギャラもしっかりと貯金していたそうです」(芸能関係者)

 東の金の使い方はいつも決まっていた。家族のためだ。彼には4人のきょうだいがいるが、父が亡くなって以降、学費も含めてすべて東が面倒を見てきた。

「2008年にお母さんが足を悪くした時は、バリアフリーのマンションを購入してあげています」(前出・芸能関係者)

 2010年6月には、都心に土地を買い、もんじゃ店をオープン。飲食店を持ちたいという弟のためだった。そして今回の新居購入。

「東さんが安さんの家事に口出ししたり、結婚4年たってもなかなか子宝に恵まれなかったり、ふたりは一時『離婚危機』と報じられたこともありました。でも実際は娘さんが生まれて、子育てに家事に安さんは、毎日奮闘中です。東さんもそんな彼女と娘を見てマイホーム購入の決意をしたんでしょうね」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東MAX&安の披露宴 相方の妻・田中美佐子は確執あって欠席
小林旭の「演技指導いじめ」で降板 東てる美FBで激怒の背景
板東英二は休業中も不動産売却で多額の収入 困窮報道に疑問

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP