ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おそらく日本でいちばん極厚の極上牛タンが食べられる焼肉店 / 牛和鹿

DATE:
  • ガジェット通信を≫

黒毛和牛厚切りトロタン塩
2980円

おそらく、この焼肉店の牛タンは「日本でいちばん極厚の極上牛タン」である。厚めの牛タンを出す焼肉店はいくつもあるが、ここまで豪快にカットし、常識を覆す厚みで「超極上牛タン」を提供している店はあるまい。

・まさにアラブの油田
そう、その厚みに比例して、旨味が「とんでもなく極上」なのである。まるで特上カルビのように決め細やかな霜降りの牛タンで、そこに埋蔵されている肉汁(旨味エキス)は膨大。食べた瞬間に溢れ出る肉汁は、まさにアラブの油田。いつまでも枯渇することなく噴き出していそうなほどである。

・じっくりと焼いてカリカリに
これほど厚みのある牛タン。食べ方は2通りあると考えていい。じっくりと焼いてカリカリにし、中心部だけほんのりとピンク色に仕上げる方法。もうひとつは、さっと炙る程度に焼いて仕上げる方法。

・今までの牛タンは何だったのか
これだけ極上の牛タンなのだから、その食感とレア度を堪能したいと思うかもしれないが、記者のオススメはしっかり焼いて表面をカリカリにして食べる方法。途中で塊を3つほどにハサミで切り、さらに表面を焼いて食べる。これがまた最高で「今までの牛タンは何だったのか」と思ってしまうほどの絶品。

・この厚みだからこそ体験できる
クリスピーな表面からは香ばしさと苦味が付加された牛タンの旨味が放たれ、キュキュッとした食感とともに開放される中心部の温かな肉汁がフレッシュ感を楽しませてくれる。この美味しさ、この厚みだからこそ体験できる。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/11/26/gyutang/

牛和鹿
住所: 東京都港区六本木7-14-11
時間: 11:30~15:00 18:00~24:00 金18:00~24:00
休日: 年末年始
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13104930/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP