ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Stand-Up! Hearts つんく♂作詞作曲でCDデビュー&イケてるハーツに改名 心境語る「この曲さえあればどんなことにも負けない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先輩アイドルグループであるアフィリア・サーガが所属するStand-Up! Recordsの研究生ユニット、Stand-Up! Hearts(通称ハーツ)。イケてるハーツに改名し、つんく♂作詞作曲でメジャーデビューを果たす事を発表した。

Stand-Up! Hearts キュートなライブ写真一覧

<つんく♂からもらった曲にメンバー一同涙「皆さんも聴いたら泣く」>

 Stand-Up! Heartsは、11月21日 池袋東武百貨店8Fスカイデッキ広場にて行われたアフィリア・サーガのイベントにオープニングアクト出演。その場で、2016年2月10日につんく♂作詞作曲のメジャーデビューシングル『Let’s Stand Up!』をリリースすること、そして“イケてるハーツ”に改名することを発表した。「Let’s Stand Up!」は16ビートのナンバーで、レコーディングに際してつんく♂からアドバイスをもらったこと、同曲の振り付けが高田あゆみ(キャナーリ倶楽部)であること等も明らかに。また、つんく♂から曲をもらったときはみんなで涙したエピソードも語った。

 「私たちに寄り添ってくれている、私たちの1年間を表したかのような歌詞で、メンバーみんなで泣くっていう。ファンの皆さんも聴いたら泣くと思います。覚悟しておいたほうがいいです(笑)」「「さあ、立ち上がるぞ」っていうフレーズがあるんですよ。まさに私たちの為に書いてくれた曲じゃないですか! 本当に嬉しくて。これからもっとツラいこともあると思うけど、この曲さえあれば最強の応援ソングだと思うからどんなことにも負けないでやっていけると思う」

 想像以上に恵まれた形で夢を叶えたメンバーは、ライブパフォーマンスでも全身で歓喜を表しており、その姿は眩いほど。また、終演後に心境を語ってもらったのだが、その言葉も真っ直ぐでキラキラと輝きを放っていた。

<「ハーツもモーニング娘。さんのように」>

◎Stand-Up! Hearts改めイケてるハーツ 終演後インタビュー

--念願のCDデビュー&メジャーデビュー、おめでとうございます!
舞波和音:夢が急に叶ったんですよ! 1周年記念ライブで「デビューしたいです!」って言った瞬間、「デビュー決定です」って言われたので最初は「夢かな?」と思って。でも曲が出来て、振り付けも出来て、レコーディングもして、今ようやく「あ、本当にデビューするんだ!」っていう喜びでいっぱいです。

--しかもつんく♂作詞作曲でのデビュー。
虹香:私、ハロプロが大好きなんです! ハロヲタなんですけど、モーニング娘。さんをはじめ、つんく♂さんの曲って絶対に頭に残るんですね。そのつんく♂さんが作ってくれた曲をハーツで歌えることになって本当に嬉しいし、ハーツもモーニング娘。さんのように頭に残るような歌い方とか工夫して、みんなの心に残る歌を届けていきたいなって思います。
新ユウユ:つんく♂さんが書いてくれると知ったときは本当に本当にビックリで、しかも歌詞がすごく私たちに寄り添ってるというか、「私たちの今の気持ちだな」っていうのをすごく感じて涙ちょちょぎれてしまいました。あと、曲を聴いてると松浦亜弥さんとかが歌っている姿が浮かんでくるぐらい、16ビートに乗ってる楽しい曲なので、これからのハーツのテーマソングになっていったらいいなって思います。

--改名もして気持ちも新たにメジャーシーンで活動していくということで、最後に意気込みをお願いします。
新ユウユ:では、ハーツの選手会長である私が。私たちはStand-Up! Recordsの研究生として活動してきたんですけれども、2月10日に決まりましたメジャーデビューに向けてつんく♂さんに楽曲提供して頂いて、そして振り付けもつんく♂ファミリーのあゆべえ先生にして頂いて、本当に様々な方のバックアップを頂いてのデビューなので、イケてるハーツっていう名前に負けないぐらい、私たちはまだまだ荒削りなんですけれども、さらにレベルアップして皆さんにステージ上で恩返ししていけるように頑張ってまいります。これからも応援よろしくお願いします!

取材(テキスト&撮影):平賀哲雄

関連記事リンク(外部サイト)

小出恵介 つんく♂イメージの役を演じる カリスマ性を演出「ストールも巻いています」
モーニング娘。新時代のエース“鞘師里保”の生き様――― 17歳で卒業を決断したアイドル人生「突き抜けたいです」
『CHEERZ HOUSE』新ユウユ(Stand-Up! Hearts)沢辺りおん(東京CLEAR’S)一ノ瀬みか(神宿)共同インタビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP