ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ポップ・グループ 名盤『ハウ・マッチ・ロンガ―』がメンバー自らのリマスタリングで2016年2月に復刻リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1980年に発表されたザ・ポップ・グループの2ndアルバム『ハウ・マッチ・ロンガ―(原題:For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder ?)』が、メンバー自身のリマスターを経て、2016年2月ついに公式に復刻リリースされることが明らかになった。

 長らく廃盤状態で入手困難な状態が続いていた『ハウ・マッチ・ロンガ―』は、ザ・ポップ・グループが1979年のデビュー作『Y』で世界に衝撃を与えた1年後に発表された2ndアルバム。原題の『私たちはいったいいつまで大量殺戮を黙って見過ごすのか?』という言葉は、35年経った今も現代社会に対する強烈なメッセージを放っており、今改めて再発されることが大きな意味を持つことだろう。

 ところが、高い評価に反して商品としての流通状況は決して芳しくなく、日本では1996年に発売されて以降、公式なリリースが行われないまま、幾度となく発売の情報が流れては中止となる事態を繰り返し、数少ないCD、LPが中古盤市場で高値で取引される状況が続いていた。そんな中、2014年10月に彼らの3rdアルバム『ウィ・アー・タイム』と未発表音源集『キャビネット・オブ・キュリオシティーズ』が公式にリイシューされことで、ファンの間で騒然となっていた待望の復刻が遂に実現することとなった。

 今回の再発にあたって、当時アルバムに収録予定だったが結果的に収録されなかったポスト・パンク・アンセムの一つ「We Are All Prostitutes」がオリジナル収録曲の1曲と差し替えて収録されることになっている。

 また、12月上旬には今年2度目の来日を果たすザ・ポップ・グル―プ。3月のソールドアウト公演では1曲も披露されなかった2ndアルバムの楽曲を今回は数多くセットリストに加えているとのことなので、前回幸運にも観ることができた人も必見の公演になりそうだ。

◎『ハウ・マッチ・ロンガー』トラックリスト
1. Forces Of Oppression
2. Feed The Hungry
3. We Are All Prostitutes
4. Blind Faith
5. How Much Longer
6. Justice
7. There Are No Spectators
8. Communicate
9. Rob A Bank

◎リリース情報
『ハウ・マッチ・ロンガー』
ザ・ポップ・グループ
2016/2/19 RELEASE
2,600円(plus tax)
※解説・歌詞・対訳付

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ポップ・グループ 35年ぶりの“まさに想定外”なニュー・アルバムから先行シングルが解禁
ザ・ポップ・グループ 約35年ぶりの新作を2015年2月にリリース
ザ・ポップ・グループ 2015年3月に来日公演開催、復刻盤&未発表音源収録コンピもリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP