ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェームス・テイラー、パリに捧げシャンソンのフランス国歌を披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 【アメリカン・ミュージック・アワード】で魅せたセリーヌ・ディオンによるパリへのトリビューションに続き、「君の友達(You’ve Got A Friend)」でお馴染みの同じく大御所シンガー、ジェームス・テイラーが自作のシャンソンを捧げた。テイラーは11月23日の夜、米トーク番組『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』に出演した際、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ(La Marseillaise)」を披露した。

 薄暗いものの、背後に掲げられたフランス国旗と共に、テイラーの温かみのあるボーカルが悲劇のあとの結束と希望の意義を主張している。

 ジェームス・テイラーがアコースティック・ギターを手にピアノと2人の女性コーラスを従え「ラ・マルセイエーズ」を披露する姿は、現在YouTubeで視聴できる。

◎James Taylor Performs “La Marseillaise”
https://www.youtube.com/watch?v=uDrsZCunf7E

関連記事リンク(外部サイト)

サム・スミス 「愛してるよ日本!」グラミー4冠の快挙を成し遂げた“天使の歌声”待望のジャパン・ツアーがスタート
アデル 米ビルボード・シングル・チャート5週目のNo.1獲得、ジャスティン・ビーバーTOP100内に17曲がランクイン
ジャスティン・ビーバーvs1D 自己最高の初動枚数を獲得し、米ビルボード・アルバム・チャート1位に輝いたのは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP