ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「海×デジタルアート」を見ながらお酒も飲めるテラスバーが江ノ島に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

週末デートはここで決まり!
最近よく耳にする「インタラクティブ」という言葉。「相互作用性」という意味で、こちらが動けば相手も動くということ。よくデジタルアートの分野でタッチすれば画面が移り変わる場合などにこの言葉が用いられています。
そんなインタラクティブなコンテンツ制作で名高いのが「チームラボ」です。彼らはデジタルアートを得意としており、絵で描いた魚が水槽で泳ぎだす「お絵描き水族館」や「天才ケンケンパ」などは聞いた事がある人も多いはず。
3Dやプロジェクションマッピングなど最新テクノロジーを駆使した展示はまさに圧巻! 国内外から高い評価を受けています。
インタラクティブコンテンツはなにも子供だけのものではないんです。今年の夏からチームラボが江ノ島水族館で手がけている「ナイトワンダーアクアリウム」は大人仕様。夜の水族館を舞台に魚の動きで移り変わるグラフィックスなどダイナミックな展示が楽しめます。

江ノ島水族館に「インタラクティブオーシャンバー」が登場

その「ナイトワンダーアクアリウム」に新たに登場したのは、光のテラスバー「インタラクティブオーシャンバー」です。
このバーは、眼下に江ノ島の海を見下ろしながら、インタラクティブに光輝くテラスでお酒を飲めるというもの。注文したカクテルをテーブルにおけば、そのドリンクに応じて約50mのテラス全体が音楽とともに光輝きます。

2人いれば2人のドリンクそれぞれに呼応した音と光のアンサンブルがとっても素敵。クリスマスまで開催されているので、会期中に足を運んでみたい!
昼はハイシーズンを過ぎて落ち着きを取り戻した江ノ島のビーチをお散歩して、夕方から江ノ島水族館に移動してクリスマス演出が開始されたナイトワンダーアクアリウムを堪能。夜に「インタラクティブオーシャンバー」で乾杯……なんていう妄想をしてみたりして。
江ノ島には他にも「江ノ島シーキャンドル」というイルミネーションも開催中なので、見どころがたくさんありますね。
えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015
会期: 2015年12月25日(金)まで
会場: 新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1)
開館時間: 17:00~20:00
※17:00から開催する夜間スペシャルイベント
料金: 大人2,100円、 高校生1,500円、 小・中学生1,000円、 3歳以上600円
※水族館の入場料金のみでご覧いただけます
チームラボ


(グリッティ)記事関連リンク
スマホでつくる、私だけのイルミネーション
恋も友情も。絆がぐっと深まる意外なスポット
今年最後の秋を感じたい。週末に紅の世界、京都へ行こう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。