ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【現地民熱演】ごはんの時間だよ! 食人族の“人間”お料理動画を独占解禁 映画『グリーン・インフェルノ』[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


イーライ・ロスが監督を務める話題のカニバルホラー『グリーン・インフェルノ』も待望の日本公開がいよいよ11月28日に迫ってまいりました。

自己満足の正義感で向こう見ずな環境保護活動をおこなった若者たちが、守ろうとしていた少数民族にモリモリ食べられてしまうという強烈な皮肉の効いた今作。そんな今作に登場するヤハ族(食人族)のお料理レシピ動画が到着。『ホラー通信』独占でご紹介いたします。
食材の確保から鮮度チェック、味付け、調理、そしてみんなで囲む楽しい食卓まで、映画本編のシーンを豊富に使い、ヤハ族のお食事の全過程を網羅した貴重なレシピ動画となっております。

あ、言うまでもなく食材は“人間”であり、ショッキングな映像が多分に含まれておりますため、閲覧注意でお願いいたします……。

動画が表示されない方はホラー通信をご覧ください

嬉しそうに、そして美味しそうに召し上がるヤハ族の姿を見ていると、食人習慣のある民族にとっては動物を獲って食べるのと変わらないんだろうなぁ……としみじみしてしまいますね。

ちなみに「本当にこういう民族がいるのでは」と思わせるほどリアルなヤハ族を演じたのは、実はほとんどの方が実際に現地で生活している少数民族“カラナヤク族”の方々。イーライ・ロスと『グリーン・インフェルノ』のスタッフは、“映画”というもの自体を知らなかった彼らに、“映画”と、今作の内容、映画製作を行うことによる彼らの今後への影響についての慎重な説明を行い、きちんと受諾を得て撮影に協力していただいたそうです。

現地民の方の素朴な演技と素直な笑顔は、この映画を単なる悪趣味ホラーではなく、異文化の尊重について考えさせるものへと昇華させています。ちなみに、カラナヤク族の方々は食人族ではなく、普段は農業を営んで生活しているとのことですので、誤解なきよう!

そんなカラナヤク族の熱演も光る映画『グリーン・インフェルノ』は11月28日より公開です。どうぞ、お楽しみに!

特集:【晩秋のイーライ・ロス祭】――11/28公開『グリーン・インフェルノ』『サクラメント 死の楽園』を総力特集 – http://horror2.jp/eli-roth2015[リンク]

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP