体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

​矢野顕子、過去の名作3作をアナログレコード&ハイレゾリリース!

​矢野顕子、過去の名作3作をアナログレコード&ハイレゾリリース!

矢野顕子が、7月29日(水)のアナログレコード&ハイレゾ連続リリース第一弾『はじめてのやのあきこ』『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』の2作品に続き、11月25日(水)に第二弾となる3作品『ホントのきもち』『音楽堂』『akiko』をリリースした。

『ホントのきもち』(2004年発売)は、2002年に開催されたくるり主催ライブイベント「百鬼夜行2002」のゲストとして呼ばれたことをきっかけに親交を深めた、岸田繁(くるり)とレイ・ハラカミとのコラボレーション作品を含む全10曲を収録。同アルバムの制作には、当時としては革新的だったPyramixによる1bitレコーディングが採用され、SACDフォーマットとしてもリリースされており、今回はそのハイレゾリューションなマスター音源をそのままに、DSD 2.8MHzとPCM 24bit/192kHz音源、そしてアナログ・レコード盤としてリリースされる。CDフォーマットでは感じることのできない、豊かな響きが味わえそうだ。

また、レコーディング・エンジニアの吉野金次氏によって、神奈川県立音楽堂で一発録りされた、ピアノ弾き語りシリーズ第4弾アルバム『音楽堂』(2010年発売) は、矢野と吉野の緊張感と気迫を感じ取ることが出来る作品。レコード盤ではその風合いを、ハイレゾ盤ではその生々しい気迫を、より一層リアルに感じられるだろう。

そして、ファースト・アルバム『JAPANESE GIRL』以来30年ぶりに、ロサンゼルスでレコーディングされた『akiko』は、T・ボーン・バーネットプロデュースのもと、ギタリストのマーク・リーボウらとのセッションで完成させた1枚。また、バーネット自身、『JAPANESE GIRL』を耳にして以来の矢野の大ファンであり、同作は矢野からの30年越しのオファーとなったという。

これら3作品をアナログ・レコード化にするにあたって、カッティング・エンジニアの小鐵徹氏が、またハイレゾ化には、マスタリング・エンジニアの小池光夫氏が起用された。ハイレゾ化については、マスタリング前音源を使用することで、レコーディング時の熱を余すことなく感じられる仕上がりとなっている。

【参照リンク】
・矢野顕子 オフィシャルサイト
http://www.akikoyano.com/

関連記事リンク(外部サイト)

​矢野顕子、過去の名作3作をアナログレコード&ハイレゾリリース!
【野郎必見】球界の番長、清原和博が公式ブログ開設! 「運命のドラフト11月20日から30年が経ち、新たなスタートをしたい」
小林麻耶がブリっ子キャラ炸裂で歌って踊る動画が可愛すぎると話題に【動画】
ローマ教皇とアデルが一騎打ち!「バチカンからの刺客」にアデル1週間天下か
おのののか、髪を下ろした雰囲気違うヘン顔写真が可愛すぎる 「天使!」「子供みたい」

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。