体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポラロイドカメラのワークショップに参加してみた インタビュー編

12212390_945737782165433_280111464_n

ポラロイドカメラのワークショップに参加してみて非常に興味を持った筆者が

前回お世話になった主催者のイチミヤダイスケさんにポラロイドカメラについてインタビューをしてきました。

Q.イチミヤさん〜、今日はありがとうございます!

お茶でもしながらポラロイドについてお伺いしたいと思いますのでよろしくお願いします!

ポラロイドカメラの普及活動をライフワークにされていますが、具体的にはどのような活動なんですか?

A.興味のある方に実際にポラロイドカメラを使用してもらい、魅力を知って頂きたいと思って

大阪を中心にポラロイドカメラワークショップや撮影会を定期的に開催しています。

Q.イチミヤさん、堅いですよ……緊張してますか?

ユルい感じでポラについて話しましょう~!

私も前回の撮影会に参加しましたが、とても楽しかったです!

前回のワークショップで筆者が初めて撮影した写真。

12115957_1693696657543896_1394843409906935772_n 12074797_1693743400872555_2467257181592045457_n

前回のワークショップの様子はこちら!

カメラ女子必見! ポラロイドカメラのワークショップに参加してみた【レポ編】 

http://getnews.jp/archives/1199660

イチミヤさんがポラロイドカメラに惹かれたきっかけはなんですか?

A.はい、ちょっと緊張してます(笑)

たまたま見かけたSX-70の見た目に惹かれて衝動買いしてしまったのがきっかけですね。

1972年に発売され、その場で写真が現像できる画期性と独特のフォルムから

『アラジンの魔法の箱』と呼ばれジョン・レノンやアンディ・ウォ-ホルも虜になった初期のモデルです。

Q.モデルごとの特性と魅力、価格帯などを教えてください。

A.大きく分けると折畳タイプの一眼レフカメラと、BOXタイプと呼ばれる普通のカメラでいうところのコンパクトカメラみたいなカメラの二種類ですね。

折畳タイプの一眼レフカメラは「SX-70」シリーズと「SLR680」シリーズに分かれており

前者は低感度フィルム(NDフィルターで高感度フィルムが使えます)

後者はオートフォーカス・ストロボ内蔵オールインワンで高感度フィルムを使用します。

価格はSX-70で2~4万円程度、SLR680は4~5.5万円前後で取引されています。

BOXタイプも同様に初期型(ポラロイド1000等)は低感度フィルム。

後期型(600タイプ)は高感度フィルムを使い、ストロボ内蔵のモデルが多いです。

BOXタイプは構造が一眼レフタイプよりも簡略化されたカメラなので、4千~1万円程度でレアモデルほど高くなる傾向です。

魅力はそれぞれ多様なので一口には言い難いですが、今のコンピューター化されたカメラでは味わえないアナログさ加減や

固体や環境による微妙な写りの違いが一番の魅力なんだと思いますよ。

もちろん外観のデザインも大きな魅力の一つです!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。