ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インナー・サイエンス、コラージュ専科『Assembles』第2章をOTOTOYで1週間先行ハイレゾ配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫
インナー・サイエンス、コラージュ専科『Assembles』第2章をOTOTOYで1週間先行ハイレゾ配信開始

今秋アルバム『Here』をリリースしたばかりの、エレクトロニック・ミュージック・アーティスト、インナー・サイエンス。

オリジナル・アルバムのリリースとは少々異なった実験的でコンセプチャルなプロジェクト『Assembles』の第2集をリリースする。

12月2日のCDリリースに先駆けて、本日11月25日よりOTOTOYでは本作を先行配信開始。しかも、現在のところ独占配信となる24bit/48kHzのハイレゾ配信となる。

このシリーズは昨年10月にリリースされた『Assembles 1-4』にはじまるもので、今回リリースされるのは続編となる『Assembles 5-8』。ある意味で、しっかりとしたトラック / 楽曲として制作するこれまでのオリジナル・アルバムのプロジェクトとは異なり、自由な実験がある種のコンセプトとなっており、そのサウンドは、きらめく電子音のコラージュが主体となっている。

本作は『Here』などとほぼ同時に制作されながら、作品としては絶妙な距離感を持っている。そのサウンドは質感において同じ部分はありながら、ある種、通常の音楽的な”起承転結”を排した”音”そのものを表現の軸とした作品と言え、全く別の趣すらある。しかし『Here』においても発揮された刺激的な実験とともに、その音響工作は間違いなく『Here』にも影響を与えている。

また、ひとつ同シリーズの前作『Assembles 1-4』との比較を言えば、今回は、さらに“ビート”もひとつ、その実験の素材として示されている点があると言えるだろう。

マスタリング・エンジニアとしても活躍するアーティストということを考えれば、その繊細な電子音の表現はまさに「美は細部に宿る」といったところだろう。ハイレゾで聴けば、新たな知覚が刺激されるに違いない。
(河)

・インナー・サイエンス『Assembles 5-8(24bit/48kHz)』はOTOTOYにて、1週間先行、ハイレゾ配信中
http://ototoy.jp/_/default/p/57165

こちら『Assembles 5-8』ティザー音源

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。