ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第21回神戸ルミナリエは日本初公開の屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」で4方向から光に囲まれよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


毎年この季節になると楽しみにしている人の多い神戸の冬の風物詩「神戸ルミナリエ」の開催日と詳細が発表された。

今年のテーマは「心の中の神戸(NEL CUORE KOBE)」。2015年12月4日~12月13日の期間に今年も点灯する。

第21回の本年は、屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」が日本初公開。光のトンネルに入ると、前方を含め4方向から光に囲まれた迫力を感じられる作品構成となっている。

今年は「踊る!KOBE光のファウンテン」も初めて開催。噴水広場でもルミナリエ作品を見ることができると話題だ。

気になる点灯時間は、月曜日~木曜日が18:00頃~21:30、金曜日18:00頃~22:00、土曜日17:00頃~22:00、日曜日17:00頃~21:30。
(混雑状況によっては、点灯時間が繰り上げの可能性もあるとのこと。)

また新しい試みとして、インターネットを通じて寄付を募る「ジャパンギビング」を開始。寄付は3000円から始めることができ、寄付をいただいた方には限定300個でオリジナルラペルピンを進呈する。美しい冬の風物詩がいつまでも続けられるよう、クリスマス季節に寄付をしてみてはいかがだろう。

神戸の街が一年で最も光り輝く10日間に神戸の希望を象徴する行事に参加してみよう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP