ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KinKi Kids 2位以下にトリプルスコアの売上でビルボード週間セールスシングルチャート堂々1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月30日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Top Singles Sales”にて、2位以下にトリプルスコアの大記録を叩き出し、KinKi Kidsの35thシングル『夢を見れば傷つくこともある』が首位となった。

 同シングル表題曲は、秋元康が作詞、伊秩弘将が作曲を担当し、他の収録曲にも名立たる作家陣が参加しているということで、発売前から大きな話題をよんでいた。先ヨミ記事(http://bit.ly/1NOqdrb)の勢いのまま、2位以下を大きく引き離し堂々の1位を獲得した。

 2位には、フジテレビ系月曜9時ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』の主題歌に起用されているback numberの『クリスマスソング』がチャートイン、前作『手紙』の3位からひとつ順位を上げている。3位には、韓国のボーイズグループ B1A4の日本6thシングル『HAPPY DAYS』、4位にはaikoのシングル『プラマイ』、5位にはアフィリア・サーガの『Embrace Blade』がチャートインしている。

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”
(2015年11月30日付)
1位.KinKi Kids『夢を見れば傷つくこともある』
2位.back number『クリスマスソング』
3位.B1A4『HAPPY DAYS』
4位.aiko『プラマイ』
5位.アフィリア・サーガ『Embrace Blade』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】KinKi Kids、豪華作家陣が参加した注目SGが首位を走る!
サカナクション・山口一郎による特別講義『サカナクション VISUAL&TALK SESSION~supported by FM802 MIDNIGHT GARAGE~』が開催決定!
Do As Infinity 結婚後に再録音した「魔法の言葉 ~Would you marry me?~」サンジャポも愛する結婚ソングの新ver.発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP