ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲み頃を「鯛の色の変化」で教えてくれるヱビスビールが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年末年始のめでたさや縁起の良さにピッタリのビールが誕生しました。その名も『ヱビス めでたい缶』。ズバリ、直球です。
では、どの辺りがハッピーなのかというと…

パッケージに描かれた桜鯛が
白からピンクに!

写真左が通常の状態。10℃以下まで冷えると、縁起物の象徴である桜鯛が、右のようにピンク色に変化して“飲み頃”を教えてくれるというのです。これはめでたい!

ちなみに同社が定義するビールの適温は、4~8℃(冷蔵庫で5~6時間)が目安。夏はやや低め、冬はやや高めを推奨しているのだとか。

この商品は、「乾杯をもっとおいしく」でお馴染みのサッポロビール株式会社が開発したもの。発売は2015年12月22日(火)で、年末年始にかけて、家族や仲間との集まりに彩りを加えます。これなら、「まだ冷えてない…」という残念な“あるある”とはサヨナラできそうですね!

参照元:PR TIMES

関連記事リンク(外部サイト)

家で飲むビールが、「劇的に美味しくなる」グラスを知っていますか?
おめでとう!をさり気なく伝えられる「輪ゴム」が登場
廃棄されるお米と野菜で作った「おやさいクレヨン」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP