ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分が情けないと思ったときに確認したい5つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どんな優れた偉人や天才、事業の成功者であっても挫折や失敗を経験しなかった人はいません。むしろ、挫折や失敗をしたからこそ偉人や天才、成功者になり得たといえるでしょう。挫折や失敗をすれば、そのときは誰もが自分を情けないと感じます。

自分が情けないと思うときのパターン

仕事や研究・開発、恋愛や入学試験など人生を歩めば歩むほど、挫折や失敗も増えそのときに自分が情けないと思うことがあります。また、他人が成功したりすると、なぜか腹が立つ自分と自分が成功しなかったことに対して悔しさ同時に情けなさがこみ上げてきます。

悔しさと言う点での情けなさは、スポーツや入学・入社試験など自分が最大限の努力を行ったにもかかわらず、負けた・失敗したときに感じるでしょう。

単純に多くの他人はできるのに、自分だけができないときも情けなさを強く感じます。そのような情けなけないことを大きく5つに分類して、何を確認すべきか、そして確認したことをマイナスで終わらせないでプラスに転じるようにしましょう。

1.どうしてできなかったのかを確認し、できることを始める

できなかったときに情けなさを感じることはよくあること。しかし、もし情けないと感じるだけで何も変わらないようであれば、その期間は無駄な時間に終わってしまいます。

そんな時は、何ができなかったのか、どうしてできなかったのかをよく確認しましょう。なかにはそもそも実現できないことをやろうとして案の定…という場合もあるでしょう。

できなかったことはさっさと諦めて、できることを見つけてとりかかりましょう。何もしないでいるよりは、はるかに前向きで生産的な生活が送れます。そして、その成功経験は他に生かせるときが必ずくるのです。

2.やり遂げられることはないか、確認して目標を変更する

難しいことにチャレンジすれば、最初はやる気があっても途中で挫折して情けなさを感じることもあるもの。まずは、できなかった内容をよく吟味して、目標を少し下げたり、期間を長くしたり、切り口を変えてやり遂げられることがないか確認しましょう。

多くの成功者は高い目標を掲げているもの。しかし、途中でたくさんの失敗や挫折を経験しています。そのときに一度原点に戻って、一歩ずつ前進できる方法に目標を変えることで最終的に成功しているとも考えられます。

3.重要なことか確認して新たなことに挑戦

多くの人ができるのに自分一人ができないと情けない気持ちになるものです。しかし、たった一つ出来なかったからといってあなたの人生が終わってしまうわけではないかもしれません。

気持ちを切り替えて、できることに挑戦していくことの方が重要ではないでしょうか。

4.よく確認して、無理に執着しない

情けなさを感じたことで、無理に執着してやり遂げようと頑張る人がいます。強い執着心は大切ですが、果たしてそれは本当に必要でしょうか?場合によって無駄な時間の浪費になりかねません。

特に、悔しさや負けたくないという感情からの反動だけで執着していないかを確認しましょう。もしそうならできなくても良いことがあるということを自分に言い聞かせましょう。別の活力が自然に湧いてくるかもしれません。

5.強迫観念に追い込まれていないか確認する

良い発想は気分転換したときに、ふっと浮かんできたりするもの。クリエイティブな仕事をしている場合は、リラックスすることも重要です。自分自身をダメ人間と脅迫していないかを確認しましょう。挫折や失敗で、かえって頑張り過ぎるとそれがマイナスにもなることもあるものです。

関連記事リンク(外部サイト)

人生を辛いと感じた時に、思い出したい「13のコト」
すぐに熱くなっちゃう!情熱家に共通する「20のこと」
「最近ツイてない!」と感じた時に、思い出すべき18のコト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP