ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GPファイナル出場黄色信号の羽生結弦 母から恋愛禁止令が出る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月27日から始まるフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯を目前にして、ソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(20才)の緊張感が高まっている。

「今シーズンは開始前からお母さんに厳しく言われたことがあったんです。それは“絶対に恋愛は禁止”ということ。今回のNHK杯を前にさらに厳しく通達されたそうです」(スケート連盟関係者)

 これは長野で行われる凱旋試合だからという理由だけではない。羽生にとってGPシリーズ初戦となったカナダ大会はショートプログラム(SP)でのまさかのジャンプ失敗が響き、ライバルのパトリック・チャンに大差をつけられての2位に終わった。

「NHK杯で勝たないと3連覇のかかったGPファイナルの出場が危ぶまれます。まさに“背水の陣”で臨むだけに相当の覚悟でしょう」(スポーツ紙担当記者)

 今夏は約1か月、仙台の実家に滞在。欧米での本番に備え、時差調整をして昼夜逆転の生活を送っていたという。羽生の一日が始まるのは真夜中だった。ほぼ毎晩、深夜1時を過ぎてから、ジュニア時代から慣れ親しんだ仙台市内のスケートリンクに立ち、2~4時間練習する。

「仙台に滞在中はお父さんの送り迎えで連日、練習に来ていました。スケート連盟の元強化部長であり、公私ともに結弦を支える城田憲子コーチが仙台を訪れてアドバイスを送ることもありました」(仙台のフィギュア関係者)

 練習終了後、早朝に帰宅するとゆっくり休みを取り、時折、近所の接骨院に。それ以外の時間はリンクと自宅を往復するだけで、まるで“修行僧”のような生活ぶり。そして、羽生に突きつけられたのは、勝負の時まで自分を律する「恋愛禁止令」だった。

 そんな羽生だが、過去には女子選手との恋仲が噂になったこともある。

「実際に交際していたかどうかはさておき、ユヅは若いので恋の噂が立つだけで振り回されてしまう。そこでお母さんやコーチが“恋愛は絶対ダメ”と口を酸っぱくして言い聞かせました。ユヅとしては“たまには女の子の友達とご飯くらい食べるよ”と不満もあったようですが、前回の成績も含めあらぬ陰口を叩かれたくないので、これまで以上にスケートに打ち込んでいます」(前出・連盟関係者)

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本スケート界お家事情 連盟と羽生結弦の間に大きな溝存在
羽生結弦 「23歳で引退」宣言の裏に被災地に対する無力感
羽生結弦 恋人との噂ある今井遥との共演にファンヤキモキ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP