ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あさが来た』の宮崎あおい 人気高く「早逝」設定変更される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 25%の高視聴率を記録し、好調が続くNHK連続テレビ小説『あさが来た』。元気いっぱいの主人公・あさ(波瑠・24才)と並んで人気を集めているのが、宮崎あおい(29才)演じる姉のはつだ。

 最近は義母・菊(萬田久子・57才)から受ける“嫁いびり”も一段落し、新たな展開へ。大阪にあるNHKのスタジオで収録が続いているが、現場では阿吽の呼吸を見せている。

「この間も、萬田さんが宮崎さんと波瑠さんを誘って食事に行ってましたよ。萬田さんは大阪出身なので、おいしい店をよくご存じなんです。お好み焼き屋や焼き肉屋などに時々誘っていらっしゃいます。宮崎さんは役作りもあるのか、ロケの待ち時間にずっとやっているのが刺繍。本当の妹さんにプレゼントするのだそうです」(制作関係者)

 お転婆なあさとは対照的に、劇中のはつは控えめで裁縫上手で妹思い。黙々と妹のために刺繍にいそしむ宮崎の姿は、はつさながら。

 今後のドラマの展開で視聴者がいちばん気がかりなのも、そんなはつの行く末である。史実では、山王寺屋が没落した後、はつは25才の若さで亡くなっているという。それを知って、はつファンからは問い合わせが殺到。女性セブン編集部へも「本当に死んでしまうのか」「お願いだから死なさないで!」との声が相次いだ。

 現在ドラマの中では、はつは嫁入りから7~8年経ち、年齢はちょうど25才を上回ったところ。第2子妊娠や和歌山への移住問題が持ち上がり、「もしかして、それがきっかけで…」と不安は大きくなるばかりだが──。

「放送を開始してからはつを演じる宮崎さんの人気がとにかくすごい。史実でいうと、没落後の山王寺屋については記録がほとんど残っていませんが、ドラマでははつのその後の人生をオリジナルストーリーで描いていくことになったようです。この作品は3つの家族の物語が軸になっています。実家の『今井家』、あさの嫁ぎ先の加野屋の『白岡家』、はつの嫁ぎ先の山王寺屋の『眉山家』。時代の雰囲気を伝えるために、成功を重ねる白岡家だけでなく、たくましく生きる眉山家も必要です。はつは物語の終盤まで登場し、あさとの姉妹愛を温めていくはずです」(番組関係者)

 子供を身ごもっている最中に夫・惣兵衛(柄本佑・28才)が失踪するなど、はつの苦労は絶えなかったが、やがて眉山家ははつが実家の母(寺島しのぶ・42才)から譲り受けた和歌山の地へ。そこで2人目を出産する。

「義母の菊は『和歌山になんか行かしまへん』と拒否しますが、はつの説得もあって納得し、一家は新天地へと向かっていきます。旅立つ前に惣兵衛が新次郎(玉木宏・35才)に頼んで、はつが大事にしていた筝を探し出すなど、ホロリとするシーンも見逃せません」(前出・制作関係者)

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝ドラで嫁いびり役を担う萬田久子 視聴者増やすスパイスに
宮崎あおい 朝ドラ新ヒロイン・波瑠にお手製のハンカチ贈る
『あさが来た』の柄本佑 宮崎あおいとのシーンはほぼ一発OK

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP