ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

天の川は地上に実在した!? 七夕伝説発祥の地で織姫と牽牛が出会う橋を渡ろう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

110704amanogawa01.jpg

7月7日(木)の七夕の夜には、「平成OSAKA天の川伝説」と題して、大阪天満橋付近の大川が5万個の「いのり星」で天の川のようにライトアップされるそうです。
天の川に見立てた大川のライトアップは本当に素敵だと思います。しかし、大阪には本物の「天の川」があるのをご存知でしょうか?
しかも天の川だけではありません。川を挟み織姫と牽牛も存在し、更には織姫と牽牛が逢える様に、川には橋も架かっているのです。
それら地上の七夕伝説を見ることができるのが、伝説発祥の地である大阪の交野市
 

110704amanogawa03.jpg

交野市から枚方市周辺には天の川(天野川)が流れています。
その川の東側に位置する神社が、織姫(棚機姫)を祀る機物神社です。
こちらには織姫と牽牛を歌った、紀貫之の歌碑があります。
そして川の西側にあるのが、観音山公園にある「牽牛石」です。この牽牛石には牽牛が宿るとされています。

110704amanogawa04.jpg

そして織姫と牽牛が出会う場所が、天の川(天野川)に架かる逢合橋です。
天上の橋は1年に1度しか架かりませんが、地上では逢合橋のおかげでいつでも出会うことができるのですね。
7月6日(水)・7日(木)には、機物神社(倉治)で七夕祭りも開催されるそうです。地上の七夕伝説を体験されたい方は是非この機会に訪れてみてくださいね。
交野市広報(PDF)平成OSAKA天の川伝説
(chick)


(マイスピ)記事関連リンク
七夕の日、東京の夜空に織姫星と彦星を見つけるポイント
スピリチュアルイベントに潜入したのだ(2)[スピ野郎・マサムネ君 第20回]菅原県
スピリチュアルイベントに潜入したのだ(1)[スピ野郎・マサムネ君 第19回]菅原県

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。