ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

tofubeats、恵比寿ガーデンホールで藤井隆とのWリリパを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月22日、東京・恵比寿ガーデンホールにてtofubeatsと藤井隆によるダブル・リリース・パーティーが開催された。

tofubeatsは9月16日に2ndアルバム「POSITIVE」をリリース。ゲストを多数招いた歌ものが中心というこのアルバムのリリースパーティーだけあって、ゲストアクトを率いる形態の彼のライブにも注目が集まったが、当日のスペシャルゲストは、新井ひとみ(東京女子流)、玉城ティナ、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、そしてオカダダと藤井隆という、期待を裏切らない豪華な編成。そして、イベントのゲストDJに小西康陽、藤井隆のライブには早見優が参加するなど、盛り沢山のイベントとなった。

イベントの開場時間にはオカダダがDJを務めた。開演直前には既にフロアは満員、観客の熱気が上がっていく中、恵比寿ガーデンホールのブースにtofubeatsが登場すると、フロアからは歓声と拍手が巻き起こった。

「やることはいつもと同じなんで」と前置きしてスタートした最初の曲は「STAKEHOLDER」。「君と利害関係したい」のフレーズを“ボコーダー加工されたアカペラ”で披露するという、tofubeats流のファンサービスが炸裂した。

続けて「POSITIVE」「Too Many Girls」をメドレー形式でプレイ。その後のMCでtofubeatsがゲストとして迎え入れたのは、彼のリスナーには毎度お馴染みのオカダダ。最初にプレイされた「T.D.M」では、2番前にtofubeatsが「DJオカダダ〜!」とシャウト、観客は黄色い歓声でそれに答えた。続けてプレイされた「her favorite」では、VJのVIDEOBOY(スケブリ)により「スーツを着たままシャワーを浴びるオカダダ」の映像が流される等、マニアのツボを突くような演出が楽しめた。

続けてゲストとして登場したのは新井ひとみ(東京女子流)。tofubeatsが楽曲の音出しを失敗し「緊張してますね…」と本人が苦笑する場面もあったが、披露された「Come On Honey」では三者の息はピッタリ。新井ひとみをセンターに据えた「マジ勉NOW」でも息の揃った掛け合いを披露した。

オカダダ、新井ひとみが退場し、「Don’t Stop The Music」のイントロと共に登場したのは、今回のイベントの主役である藤井隆氏。しかも、11月26日に25歳の誕生日を迎えるtofubeatsへのサプライズとして、吉本興業からのプレゼントであるtofubeatsの自画像が書かれた巨大ケーキも登場。「ハッピーバースデーいただいちゃいました!」とテンションが上がったtofubeatsであったが、楽曲後のMCには、藤井隆が「25歳には見えないですよね!」とtofubeatsの「老け顔」をいじる場面も。

ライブの後半戦は、tofubeats印のダンスチューンである「朝が来るまで終わることのないダンスを」「I Believe In You」のミックスでスタート。アルバム「POSITIVE」のラストを飾った感傷的なメロディーのリフレインが印象的な大作「I Believe In You」では、「私が初めて笛を吹いたのは、この恵比寿ガーデンホールでした」とMC。赤と黄色の刺激的なライティングの中、AKAIのEWI5000(通称「笛」)で楽曲のメインフレーズを吹き荒らした。

続いてゲストとして迎え入れられたのは、「POSITIVE」では「別の人間」に参加した中納良恵(EGO-WRAPPIN’)。楽曲前のMCでは、中納良恵が「この曲はTAKE7まで録ったんですけど、終わってからトーフくんが「良恵さん、ありがとうございます!いや、すげぇ…俺」って言ってて(笑)」という、tofubeatsのこの楽曲に対する思い入れが窺えるエピソードを暴露。その後歌われた「別の人間」では、中納良恵のボーカリストとしての圧倒的な実力に、観客は体をゆっくり揺らしながら聞き惚れていた。

tofubeatsのライブ終盤戦には、彼の大出世作である「水星」のイントロを「笛」で演奏。フロアが一体感に包まれた後、「いつもならここで終わるんですけど」というMCが入り、その後に登場したのは、急遽出演が決まったスペシャルゲストである玉城ティナ。フロアからは、ここ一番と言わんばかりの声援がティナに向けられたが、彼女は満更でもない様子。この編成でのライブは広島でのイベント以来であり、緊張気味の玉城ティナをtofubeatsが優しくMCで先導する場面が見られた。

勿論、披露されたのは「POSITIVE」収録曲である「すてきなメゾン」。緊張を感じさせない落ち着いた歌唱に、ファンたちも大きな歓声を上げた。最後には、玉城ティナ、新井ひとみ、そしてオカダダがブースに勢揃い。フルバージョンの「POSITIVE」を代わる代わる歌い、色んな意味での「ドリームチーム」が今回のtofubeatsのライブを締めた。

関連リンク

tofubeats オフィシャルサイトhttp://www.tofubeats.com
tofubeats Official YouTube Channelhttp://www.youtube.com/user/tofubeats

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP