体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ベアディスペンサーS/L(WH,BK)』質実剛健・滑らず使いやすい実用機能とかわいいデザインを両立!

IMG_6298

槽いっぱいにカエルがあふれる「かえる風呂」など、愛らしいけどどこか突き抜けている雑貨作りに定評のある株式会社ハシートップイン(東京都墨田区)から『ベアディスペンサーS/L(WH,BK)』(希望小売価格 税抜800円/1000円・2015年11月16日発売)が登場。

 

以前の「かえる風呂」に比べると実にオーソドックスな王道ソープ・ディスペンサー。つい先日ご紹介したかわいいクマさんの石鹸受け『BEAR SOAP DISH』に続き、ベア・シリーズ最新作といったところか。

 

シンプルなホワイト&ブラックのカラー展開

カラーリングは白クマと黒クマの2種類から選べ、それぞれSサイズとLサイズがある。

Sサイズは全長20×幅8×奥行10cmと小ぶりなサイズ。

IMG_6300

Lサイズは全長26×幅11×奥行14cmという大型タイプ。

IMG_6302

使い心地はどうだろうか

こうしたディスペンサーを選ぶとき、後で後悔することと言ったら安定感。デザインばかりで選ぶといとも簡単に倒れたり転がっていったり、ストレスを感じることも多い。

その点この『ベアディスペンサーS/L(WH,BK)』は、クマが座っている状態でデザインされているので安定が良い。実際にプッシュしてもS/Lともにぐらつかずに安定した使用ができる。これは良い。

IMG_6306

さらに言うならプッシュ機構のバネが固めなところもいい。というのもこれが柔いとついついソープを大量に吐き出させてしまい、無駄が出る。

IMG_6537

その点『ベアディスペンサーS/L(WH,BK)』は固めの押し心地で少量だけ出すということが可能なのだ。地味な機能だけれど、よく考えられていると思う。

IMG_6312

また材質はポリエチレンでできているが、表面がザラザラしたマット加工になっているため滑りにくく、ポイントが高い。クマの形のディスペンサーなどというとデザイン優先で実際の使用感はイマイチとなりがちだが、この『ベアディスペンサーS/L(WH,BK)』はディスペンサー本来の機能性にこだわった質実剛健な作りをしているのだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。