ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【愛媛最新レポ】 知ってる? 愛媛にある「東洋のマチュピチュ」とパワースポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫


愛媛県東部にある新居浜市に、「東洋のマチュピチュ」と呼ばれるエリアが存在する。
新居浜市は、四国ではほぼ中央に位置し、1691年に開かれた「別子銅山」によって発展した工業都市。特に、標高750mの山中にある東平エリアには、大正5年から昭和5年まで、別子鉱山の採鉱本部をはじめ、社宅、学校、劇場まで建てられ、最盛期には5000人を超える人々が暮らし、昭和43年に休止するまで鉱山の町としておおいに賑わった。
ここが今、かつて繁栄した跡が貴重な産業遺産とともに、東洋のマチュピチュとして注目を集めているのだ。

例えば、「東平貯鉱庫・選鉱場跡」。貯鉱庫は明治38年ごろに完成したといわれる重厚な花崗岩造りで、選鉱場では鉱石と岩石を当時、手作業で選別していたという。「旧インクライン」は、端出場(はでば)から策道で運ばれてきた物資を荷揚げする傾斜面を走る軌道で、現在は220段の階段に生まれ変わった。ほかにも、当時の繁栄ぶりが感じられるスポットが数多く点在する。


地元の新居浜南高校ユネスコ部では、数ある別子銅山のお気に入りスポットとして、東平エリアにある「第三通洞」を挙げる。1902年に貫通した主要運搬坑道で、これが完成したことによって70年近くにわたる東平エリアの繁栄の幕開けとなり、“パワースポット”ともいわれるからという。

新居浜市観光サイトhttp://niihamakanko.com/いよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
女の子が足をガクガク震わせて倒れる・・・!?謎の遺跡
古宇利島に伝わる 沖縄版「アダムとイブ」
和歌山の無人島が「ラピュタ」の世界ってホント!?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP