体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『しくじり先生』制作陣が語る「過去のしくじりを“愛される話”にする方法」

 特別番組として放送されるや否や、瞬く間に視聴者の心をつかみ、深夜帯から半年足らずでゴールデン進出を果たしたテレビ朝日系の人気バラエティー番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎週月曜よる8:00〜8:54放送)。「人生を最大にしくじった人から『しくじりの回避法』を学ぼう!」をコンセプトに、「しくじり先生」が番組オリジナルの教科書を開きながら、授業を行う番組だ。

 堀江貴文や浅田舞など、この番組をきっかけに意外な素顔が明らかとなり、ブレークを果たした出演者は数知れない。そして、同番組に欠かせないのが、しくじり先生が扇情的に話しながら見せるオリジナルの教科書だ。「ここまで話して大丈夫なのか」という内容が満載で、観終わったあとは「話せる技量がスゴイ!」と出演者に対する好感度がしっかりと上がる。

 人生最大のしくじりをカラッと笑って話し、それをバネにするにはどうすればよいのか。同番組の企画演出を手がける北野貴章さんと、プロデューサーの金井大介さんに話を聞いた。

f:id:w_yuko:20151120120518j:plain

企画演出・北野貴章さん(写真左)、プロデューサー・金井大介さん(写真右)

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」の“俺”は、企画者自身のことだった!

——「しくじり先生」が生まれたきっかけを教えてください。

北野:深夜番組のADをやっていた頃、しくじってばかりいました。連絡しない、寝坊する、遅刻する、言うことを聞かないと、よく怒られていたんです。誤解のないように言わせてもらうと、わざとそうしているわけではなくて、結果的にそうなってしまっただけです。そのせいで、1回はディレクターをやったのに、ADに降格させられた時期がありました。「お前みたいなやつは降格だっ!」と怒られたんですよ。それで「もう嫌だ。なんで、こんなに怒られなくちゃいけないんだ」と思っていたのですけど、そんな風に常々思っていると、また余計にしくじるじゃないですか。それで「しくじり先生 俺みたいになるな!!」というタイトルで、「俺みたいにならないように」と後輩に伝える番組をつくったらおもしろいんじゃないかなと思って、特番の社内企画コンペに応募したのがきっかけです。

f:id:w_yuko:20151120120525j:plain

——ということは、「この俺みたいになるな!!」の“俺”は…。

北野:俺です。タイトルロゴも、深夜3時くらいに隣の席のAPさんの筆を借りて企画書に書いた文字をそのまま使っています。そのあと、デザイナーさんにも考えてもらったのですが、それがめちゃくちゃスタイリッシュで、少しイメージと違ったので「このままでいいか」と企画書の文字を起用しました。

——金井さんは北野さんとはゴールデンからタッグを組んでいるんですよね。最初はどんな印象でした?

金井:シンデレラボーイですよ。

北野:そうですか?

金井:ADの頃って、「絶対に俺だってできる」と誰もが感じていると思うんですよね。それをたった6年というスピードでここまで来れるというのはすごいなと思いますよ。 

番組名をひた隠しにしてオファーを続けた特番時代

——これは、「いくな」と思った回はありますか。

北野:特番の1回目をやったときから、「いくな」とは思いました。当時は、教科書の1ページをつくるのに、みんなで考えて1日がかりでした。いまやっている俳句も、当初はフォーマットが決まっていなかったので、「最後のまとめをどうしよう」とみなでいろいろ考えました。もともとMCのいない番組をつくってみたいという思いが強かったんですね。最近、タレントさんの名前が頭にくる番組名が多いじゃないですか。MCのパワーに頼る番組ではなくて、番組自体がおもしろいんだぞと胸をはれる番組をつくりたかったんです。最近のテレビ業界の傾向として、「このキャスティングじゃ数字取れないだろ」って、よく言われるので。

1 2 3 4 5次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy