ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

簡単な一工夫でこなれ感を演出♪パーティーに使えるヘアアレンジ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

立体的に見せるヘアアレンジ♪華やかハーフアップ

イベントやお呼ばれが増える季節!ちょっと難しそうに見えるアレンジをして周りのみんなと差をつけませんか?ロープ編みを2ついれて、一手間かけた人気のヘアアレンジをご紹介したいと思います。三つ編みより、立体感がでるロープ編み。簡単で可愛いので1番使いやすいアレンジ方法です。

 

簡単に実践できる、基本動作はまとめてくるりんぱ!

アレンジのレシピはこちら。
① コテやストレートアイロンを使って髪にカールをつけます

② 普通のハーフアップをするようにハチ上を、いつものアレンジより横幅を少なめにとります
(サイドにロープ編みを2本いれるため)

③ 一つで結んで、土台となる部分をくずします

④ サイドをロープ編みして、一つくくりの下にピンで仮止めしておきます

⑤ 反対サイドもロープ編みして、両サイドから引っ張ってきたロープ編みされた毛束と一つくくり三本をあわせて、くるりんぱします。

⑥ 残りのサイドの髪をロープ編みし、くるりんぱして、完成です。

一手間をかけていつものスタイルをワンランクアップ

きれいな面より、立体感にくずれてるほうが今時のスタイルです。
手順②でくくったハチ上もロープ編みも、きっちりきれいな表面より、くずしてあるロープ編みのほうが、可愛くみえます。崩し方も大きく大胆に崩すのがポイントです。

土台になる一回目のくるりんぱを三つ編みバージョンにしてみてもOK!
今回はハチ上をただ結んだだけのスタイルです。そのことで波ウェーブが強調されます。ハチ上を三つ編みにすると、波ウェーブってよりも、少し雰囲気のあるこなれたスタイルになります。
結び方、編み方を少し変えてあげるだけで見た目もだいぶ変わります。また、違うバージョンもつくってみるので楽しみにしていてくださいね。
堀井大輔(CLOWNhair)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP