ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実はマナーがあった!? 鍋料理の知られざるお作法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

https://lh3.googleusercontent.com/-Acjd5x4wSv8/VlPTVsujlWI/AAAAAAAACSU/Ke9K9orURi0/s640-Ic42/25%2525E9%25258D%25258B.jpg

水炊き、寄せ鍋、湯豆腐、しゃぶしゃぶ、チゲ鍋に豆乳鍋まで。バリエーション豊かな鍋料理は、寒い季節に大勢でワイワイ囲むのにぴったりなメニュー。基本は材料を切っておくだけと、下準備が簡単なのも作る人にとっては嬉しいポイントです。具も味付けもさまざまな鍋料理ですが、実は最低限の“お作法”があることをご存知ですか? 大勢でひとつの鍋を囲むからこそ、守っておきたいマナーをご紹介します。

「直箸」「迷い箸」はしない

和食全般に共通する基本のマナーですが、なぜか鍋料理に限ってはこれを忘れてしまいがちな人も。鍋に直接自分の箸を突っ込む「直箸(じかばし)」や、どの具材を取ろうか迷って鍋の上でお箸を迷わせる「迷い箸」は絶対にNG。家族やごく親しい友人以外と鍋を囲む席では、必ず取り箸を使うようにしましょう。

一度取った具は鍋に戻さない

取り箸で一度つかんだ具を、「やっぱりやめた」と鍋に戻す行為も絶対NG。かといって、自分の好きな具材ばかりを偏って取るのも上品ではありません。常に魚、肉、野菜をバランスよく自分の取り皿によそいましょう。取り皿にのせる具材は皿の7分量を目安にすると見栄えがよくなります。

春菊・しらたきは肉から遠ざける

春菊としらたき、どちらもすき焼きには欠かせない定番の具材ですが、両者に多く含まれるカルシウムには、肉を硬くしてしまう作用があります。鍋に入れるときは、春菊・しらたきと肉はなるべく遠ざけて入れるか、しいたけや豆腐など面積が大きい具材で「壁」を作るようにしましょう。
また、鍋の中心部分は対流が激しいため、煮崩れしやすくなります。具材を入れるときは鍋の端のほうから入れていくのが基本。具は一度にたくさん入れず、魚介などダシの出るものから順に入れていきましょう。こまめにアクをすくうのも、最後までおいしく食べるためのポイント。大勢で食べるからこそ、お互いに気を配り合って楽しくおいしくいただきましょう。
参考文献:『美しい食べ方』 枻出版社

おすすめのレシピ

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。