ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei WatchにLCB43Bへのアップデートが配信、新ウォッチフェイスが追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei の米国法人が Android Wear スマートウォッチ「Huawei Watch」のメンテナンスアップデート版(LCB43B)の配信を開始しました。今回のアップデートはシステムの最適化がメインで行われているのですが、上図のような新ウォッチフェイスや 2 枚目の写真のように充電中にバッテリー残量をサークルで表示する新アプリが追加されています。

改善内容は、マイクゲインを最適化し、OK, Google の識別精度を向上。歩数計の精度を改善するための最適化、Bluetooth の再接続機能を改善といったところです。Huawei Watch のアップデートは、竜頭ボタンを長押しし、「設定」→「端末情報」→「システムアップデート」の順にタップしていくと実行できます(更新ファイルがダウンロード可能になれば)。Huawei は 1 週間ほどで全端末に配信されると述べています。Source : Huawei

■関連記事
6,020mAhの大容量バッテリーを備えた5.5インチスマートフォン「Gionee Marathon M5」がインドで発売
Galaxy Tab Pro 8.4にAndroid 5.xは提供されず、Samsungが公式発言
「Huawei Mate 8」のプレス画像とやらが出回る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。