体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーにジャガイモを入れる件の是非 @『自由軒』相模原

jiyu-cur1_R

もはやカレー無しでは生きて行けない筆者ですが、流石に本格的なスパイシーなカレーばかりでは飽きてしまいます。

と、言う訳で今回はあえて家庭的な”具がゴロゴロタイプのカレー”を紹介してみましょう。

横浜の名店『自由軒』が相模原に!

jiyu-cur12_R

『自由軒』と言えば創業明治43年の”元祖混ぜカレー”な店が有名ですが、横浜で『自由軒』と言えばマニアックな中華料理屋さんを指します。

そして、その『自由軒』の暖簾分けと言うか、兄弟店が相模原の”西門”にある『自由軒』で御座います。

筆者的にはチャーハンの美味しい店としてインプットされていますが、何気に夜遅く(22時くらいまで)営業しているので、負荷残業した帰りでも間に合う事が最近判明しました。

これは通わざるを得ない案件ではないでしょうか?

『自由軒』のカレーライス(大盛り)を所望する!

jiyu-cur11_R

と、いうわけで最近は『自由軒』のメニューをあれこれ試しているのですが、何気にカレーが美味しかったりします。

いや、確かに限りなく”業務用カレールー”をベースにした味ですが、この”具がゴロゴロカレー”が無性に食べたい時もあるのです。

この家庭的なカレーは意外と外食では食べる機会がなく、そう言った意味では逆に貴重な存在とも言えます。

そんなカレーを”大盛り”でガッツリ食べられる『自由軒』は、筆者の心のオアシスで御座います。

盛りが豪快な『自由軒』

jiyu-cur2_R

基本、自由軒は大盛りにしなくても大盛りなのですが、それを大盛りにするとこんな感じになります。

カレーも皿から溢れるギリギリのラインを攻めていますね。

jiyu-cur4_R

そして、このご飯の高さ……まさに大衆中華料理店の鏡です。

カレーにジャガイモが入る件の是非

jiyu-cur9_R

基本的な具材としては豚肉、玉葱、ジャガイモで、そのどれもが大きなサイズでカットされています。

その中でも異彩を放つのは、やはりジャガイモではないでしょうか?

カレーにジャガイモは賛否が分かれるところですが、何気に筆者のオカンが作るカレーにもジャガイモが入っていました。

なので、この手のカレーを食べるとちょっと懐かしい感傷に浸れます。

jiyu-cur7_R

しかし!

個人的にはカレーにジャガイモは微妙かと存じます。

冷凍すると食感が悪くなるし、調理後はジャガイモ自体があまり”日持ちしない点”などを考慮すると、なるべくなら遠慮したいアイテムで御座います。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会