ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

史上最高額の年末ジャンボ ショッピングセンターが狙い目か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宝くじ史上最高の1等・前後賞合わせて10億円という当せん金額が話題の年末ジャンボ宝くじの販売が、11月25日にスタートする。

「高額当せんも魅力ですが、70万円が当たる『70周年記念賞』も1万800本用意されています。さらに、同時発売の年末ジャンボミニも1等7000万円が190本と、宝くじの歴史の中でも類を見ない超ビッグチャンスです」(宝くじ研究家・長利正弘さん)

 1年に5回あるジャンボ宝くじの中でも、年末ジャンボは特別。結構な額をつぎ込もうという人も多いはず。そこで先月末に抽せんがあったオータムジャンボの当せん売り場がキーポイントになってくる。風水師の高村実久さんが語る。

「当せんを出した売り場にはそのまま運気がとどまります。直近のオータムジャンボで高額当せんを出した売り場は、引き続き期待できるというわけです。加えて、古代中国の『九星気学』で占うと、今年は『三碧木星』の星回りに当たり、年末に向けて運気が上昇していく傾向にありますから狙い目です」

 オータムで億当せんを果たした売り場をまとめてみた。

・日立カインズチャンスセンター
・久喜イトーヨーカドーチャンスセンター
・新橋駅烏森口前宝くじラッキーセンター
・みずほ銀行蒲田支店
・オギノ峡西ショッピングセンター
・北方アピタチャンスセンター
・名鉄観光名駅地下支店
・高橋イオンチャンスセンター
・近鉄上本町駅売場
・大阪駅前第4ビル特設売場
・高槻イオンチャンスセンター
・枚方イズミヤチャンスセンター
・神戸新長田鷲尾タバコ

 以上、13の売り場で、1等3億円が13本、前後賞1億円が26本の計39本の億当せんが出た。

「イトーヨーカドーやイオンなど、ショッピングセンターに併設された売り場から21本も億当せんが出ているのは納得の結果です。というのも、今年は未年。群れを作って生活する羊のように、多くの人が集まる場所に幸運が集まりやすいんです。ショッピングセンターには家族連れも多く、笑顔の人もたくさんいますよね。それがさらに開運パワーを高めてくれるんです。年末ジャンボは休日のショッピングセンターで購入するのがいいでしょう。乗降客数の多いターミナル駅の売り場などもおススメです」(前出・高村さん)

 年末ジャンボにはもう一つ狙い目の売り場があるという。

「三碧木星には、“芽吹き”“これから”といった意味もあるんです。最近になって新しくオープンしたり、店舗を改装した売り場では、金運の種が芽吹いて大きく育っていますから、高額当せんが狙えます」(前出・高村さん)

 人が集まる新規売り場か、前回当せんのあるショッピングセンターか──目指せ高額当せん!

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宇部市「奇跡の宝くじ売り場」 当せん金は販売額よりも多い
宇部市宝くじ売場 1等続出で09年からの高額当選総額13億円
夏休み 旅行者はご当地ラッキー宝くじ売り場で買ってみては

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP