ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年秋冬のヘアスタイルがもっと可愛くなる♪パーマの見つけ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パーマって何種類あるの?

「パーマ」と一口に言っても、広告や雑誌なんかを見ていると、すごい数の種類があるように感じますね。
では実際はどうなんでしょうか。
大別すると
①従来からあるコールドパーマ
②デジタルパーマ
③エアーウェーブ
④ストレートパーマ
⑤縮毛矯正
この5種類だけといっても良いかと思います。
④と⑤に関しては、区別も最近は微妙ではありますが、あえて分けてみました。

 

実は、デジタルパーマはどこにでもあるものではなかった!

その他の呼称に関しては、メーカーやサロン独自で勝手にネーミングしているものが大半です。だから違うサロンに行かれると「なんですか、それ?」なんて聞き返される経験もあるかと思います。
例えば②のデジタルパーマですが、実はこの「デジタルパーマ」という呼び方は、ある企業だけが使える正式名称なんです。
だからその他の同じシステムを使うパーマは、本来「デジタルパーマ」とは書けないんですね。
そこで色々なネーミングが生まれたという背景があります。

 

ヘアスタイルもセカンド・オピニオンをする方がいい?!

最近では特にそういうことは少ないと思いますが、「パーマお願いします」なんてオーダーよりも、まずしっかり髪の状態を確認してもらって、希望のスタイルを伝えること。
後の施術方法に関しては、美容師さんにお任せするというのが良いかと思いますよ。
コンディション、希望スタイル、自分に合ったスタイリング方法。
そういう総合的な判断をしてくれる美容師さんになら、ヘアスタイルを全てお任せしても良いと思いますが、もしも納得できないようなら、他のサロンでカウンセリングを受けることをお勧めします。
これからは失敗しないためにも髪のためのセカンド・オピニオン…そんな選択肢もあっても良いんじゃないかと思いますよ。

GIO(Hair Base Anap)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP