ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おしゃれなアラフォー女性必須 4つのファッションアイテムとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 20代や30代前半の頃と比べ、徐々に体型も変化してくる40代。だからといってオシャレを諦めてしまうことなく、年齢や体型に合った洋服を身につけた大人の女性を目指したいものです。

 スタイリストとして、主婦として、そして母としての顔を持つ福田栄華さんは、本書『必ずアカ抜ける、大人のおしゃれテクニック塾』のなかで、そうしたオシャレな大人の女性を目指すにあたり、おさえておきたい3つ”品”があるといいます。

 まず1つ目は、”自分の体のサイズにきちんと合った服を着ること=上品”。トップスやアウターの肩幅が自分に合っていないと、だらしがなく、太っているようにも見えてしまうそう。自分の肩幅の合った服を品良く着こなすことが大切なのだといいます。

 2つ目は、”服の品質”。デザインのみならず、買う際には必ず生地の質を自分の手で触って確かめてみることが重要だと指摘。ざらつきのない、なめらかな生地であればOK、素材はシルクでもレーヨンでも良いそうです。なかでもアラフォー女性にオススメだというのが”とろみのある、薄手で柔らかい生地”。着たときに生地が優雅にゆれ、女性らしい美しいシルエットを生み出すのだといいます。

 そして3つ目は、”コーディネートに何か1品、上質なものを入れること”。秋冬のファッションならば、外側の目につきやすい部分に上質な1品を。たとえばコートやバッグ、ブーツなどに質の良いものを取り入れることで、アカ抜けて見えるようになるとのこと。

 さらに若い子と差をつけるために、アラフォー女性が持っておきたいのは”キメ小物”。
福田さん自身、若い頃に買ったエルメスやプラダのバッグは、アラフォーとなった現在、やっと似合うようになってきたそう。「ブランドものが似合うのは年の功。だからこそ、いい小物で若い子と”差”をつけることができる」(本書より)のだといいます。

 そんな福田さんオススメの、大人のキメ小物は次の4点。

◆ 本真珠のネックレス(長さ40〜45センチのものがどんなシーンにも使えてベスト)
◆ ダイヤモンドのアクセサリー(リングは、ひと粒タイプと1周しているエタニティタイプ。ネックレスは、チェーンが細身でひと粒タイプのもの)
◆ 「ジバンシィ」のミンクのストール
◆ 「シャネル」のチェーンバッグ

 最初の出費は痛いものの、長く使うことができ、どんな場所につけて行っても恥ずかしくない品であるため、最終的には得をする買い物なのだといいます。アラフォーになったからこそ楽しむことのできるファッションの数々。本書を参考に、大人の女性らしいオシャレを目指してみてはいかがでしょうか。

■関連記事

ターゲットは「30〜50代のポッチャリ男性」 新雑誌『Mr.Babe』がイベント開催
映画のロケ地から読み解く、パリの魅力
7月5日は「江戸切子の日」 そもそも江戸切子の由来って?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP