体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今からでも予約OK!流氷が見られる北海道の絶景体験3&立ち寄りスポット

圧倒的な感動!流氷が見られる北海道の絶景&立ち寄りスポット3選

もうすぐ12月。寒さもいよいよ厳しくなり、これからが冬本番です。忙しい師走を迎える前に、今年の冬の過ごし方を決めておきたいところ。温かいこたつでぬくぬく、常夏の島でバカンスもいいですが、今年はぜひ、「冬ならでは」を楽しみましょう。

日本の冬を堪能できるレジャーといえば?スキー、スケート、雪まつり!いえいえ、今回は究極の冬を体験してみませんか?
それは、北海道で迫力満点の流氷を見ること!

今回は、流氷が見られる北海道の絶景と、冬の大自然をもっと身近に感じられる立ち寄りスポットをご紹介します。

ちなみに流氷の見ごろは1月下旬からですが、予約は今からでもOK!
準備は早めがおすすめです。

1. 流氷観光砕氷船おーろら
(北海道網走市)

これぞ世界自然遺産。一面氷の世界は、まさに絶景!

流氷観光砕氷船おーろら 流氷観光砕氷船おーろら

悠然と流氷を突き進むおーろら

網走港を出発し、網走沖の流氷を砕きつつ進む流氷観光砕氷船「おーろら」は、大型船のため砕氷の際の揺れも少なく安心。ポイントに着くまでは、暖房がきいた船内のコーヒーラウンジや売店などでくつろぐこともできます。

また、観光に特化している船なので、身を切るような寒さを体感しながら大迫力の流氷を望める展望デッキや、暖かい船内のソファに座ってゆったりと鑑賞できる客室エリアなど、自分に合ったスタイルで流氷を楽しめますよ。 流氷観光砕氷船おーろら
TEL/0152-43-6000
住所/北海道網走市南3条東4丁目5の1
運航期間/2016年1月20日~4月3日
料金/大人3300円、小学生1650円
「流氷観光砕氷船おーろら」の詳細はこちら

[立ち寄りスポット]

道の駅 流氷街道網走

本物の流氷を仕入水に用いた地ビールを味わってみて!

発着場となっている道の駅「流氷街道網走」では、さまざまな網走土産も購入できます。おすすめは「流氷ドラフト」!

地ビールで有名な「網走ビール」より発売された発泡酒ですが、なんと、本物の流氷を仕入水に使用し、色は鮮やかなブルー。
流氷の街・網走らしくてお土産にも喜ばれること間違いなしです。

流氷街道網走

オホーツクの流氷はどんな味?

道の駅 流氷街道網走
TEL/0152-67-5007
住所/網走市南3条東4丁目
営業時間/9時~18時30分 観光案内所:9時~18時 地元特産品販売コーナー:9時~18時30分
料金/流氷ドラフト 432円(税込)
「道の駅 流氷街道網走」の詳細はこちら

[立ち寄りスポット]

オホーツク流氷館

マイナス15℃の室内で本物の流氷に触れられる!

流氷をもっと身近で体験したい方は、ぜひ「オホーツク流氷館」へ。こちらでは、マイナスの15度の「流氷体感テラス」で、本物の流氷を100トン展示しています。観光船から見た流氷を、実際に触ることができますよ!

流氷の天使「クリオネ」を間近で見たり、プロジェクションマッピングなど、楽しめる施設が目白押しです。

オホーツク流氷館

オホーツク海の生き物をテーマとした観光施設

オホーツク流氷館

流氷体感テラスでは、マイナス15℃の室内で本物の流氷に触れることができます! オホーツク流氷館
TEL/0152-43-5951
住所/北海道網走市天都山244番地の3
営業時間/冬季(11月~4月)9時~16時30分 ※最終入館は閉館時間の30分前
料金/大人750円、高校生640円、小・中学生540円
「オホーツク流氷館」の詳細はこちら

2.ガリンコ号(北海道紋別市)

流氷をガリガリと砕きながら突き進む。圧巻!

ガリンコ号

真っ赤な船体で愛嬌のある見た目の「ガリンコ号II」

ガリンコ号

氷を豪快に砕くスクリューの様子を見ることもできる

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。