体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【炎上】レア肉のはずなのに「レアじゃない肉」を出して炎上した飲食店 / 改善されたか調査してみた

tan1

ライターの中里キリさんがTwitterに書き込みした内容が、インターネット上で大きな話題となった。秋葉原の飲食店「独眼一刀流舌屋 伊達哉」で「極上レア舌カツ定食」を注文したところ、レアというメニュー名にもかかわらず、しっかりと火が通ったレアじゃない牛タンが出てきたらしい。

・出来事はインターネット上で拡散
「レアじゃないよ」と穏便な態度で店員に伝えたところ、厨房から「レアじゃないから作り直せって(笑)」という笑い声まじり声が聞こえたため、中里さんは激怒。店員を怒鳴ってキャンセルしたという。この出来事はインターネット上で拡散し、大きな注目を集めた。

・中里キリさんのTwitter書き込み
「秋葉原UDX「舌屋伊達哉」。結論から言うと決して入ってはいけない。変な接客にもやもやしつつ出てきた「極上レア」かつに絶句。穏便に確認したら厨房から「レアじゃないから作り直せって(笑)」と聞こえてきたから怒鳴りキャンセル」(引用)

・客を不愉快にさせるスタッフの態度
注文した料理と違う仕上がり、客を不愉快にさせるスタッフの態度、中里さんが怒るのは当然のことであり、何ひとつ間違っていない。客は食を楽しみに来店したわけで、そこで怒らせて帰らせてしまう行為は、非常に罪深い。

・取材班は店舗に出向いて調査
中里さんが書き込みしたのが2015年10月26日のこと。あれから1か月が経ち、店舗は調理や接客を改善したのだろうか? 未熟な調理と不快な店員の態度が改善されているならば、それも報じる必要があるのではないかと思い、取材班は店舗に出向いて調査してみた。

・「極トロレア舌カツ定食」を注文
店内に入ると、テーブル対応は若い女性店員が担当。喉が渇いて料理が来る前にコップの水がなくなってしまったのだが、しっかり水の量を確認して注いでくれた。さて料理だが、「極上レア舌カツ定食」が存在しなかった。よって同等の料理と思われる「極トロレア舌カツ定食」を注文。

テーブルに料理を持ってきてくれたのは、若い男性店員だった。接客も丁寧すぎるほどで文句はない。炎上がきっかけで接客を改めたのかもしれない。

tan3 tan2 tan1 tan4
1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy