ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Super Touch : 画面タッチのズームやスライド、スクロールをスムーズにするシステムチューニングアプリ、root化不要で利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android のタッチ操作による画面のズームやスライド、スクロールをスーパースムーズにする魔法のようなシステムチューニングアプリ「Super Touch」が Google Play ストアで配信されています。Super Touch は GPU の動作パラメータを調節することで WEB ページのズームやメニューの切り替え、リストのスクロールなど、特定のタッチ操作の動作性能を改善するアプリです。アプリは root 化不要で利用できますが、ハードウェアのパラメータをいじるアプリなので、端末の故障を懸念する場合は利用しないほうが無難です。アプリの操作方法は、トップ画面で解像度別のパラメータを指定し、「Start Smooth Touch」をタップ。その後の初期化処理にはパラメータの設定値によって時間がかかります。パラメータが何の数値を示しているのかはわかりませんが、ディスプレイの解像度が 720 の場合 600 ~ 1,314、1080p の場合 1,520 ~ 3,998… と推奨値の幅は異なっています。推奨値はアプリトップ画面に 4K 解像度まで記載されています。その範囲で調節した上でスタートボタンをタップします。アプリは高性能な GPU を搭載した端末ほど効果を得られる言われていますが、HTC Desire 626 で実際に使ってみたところ、劇的にスムーズになったとは感じませんでしたが、確かに UI の動きが無効時に比べて滑らかになっていました。Google Play ストアを操作すると無効の場合との違いを体感できます。注意点としては、このアプリにコンテンツのロード速度やメモリ割当の変更といった機能はないので、全体的な性能が向上するわけではありません。コンテンツの読み込みが遅いとスクロール中に引っかかりが生じて遅く感じ場合もあります。「Super Touch」(Google Play)

■関連記事
Windows PC全体の音をChromecastに転送する新ツール「Audio Cast」がテスト公開
タイムカプセル、プロ野球12球団や侍ジャパンの年賀状を作成できるAndroidアプリ「プロ野球年賀状2016」を11月下旬にリリース
Qualcomm、Snapdragonプロセッサに導入した低光撮影時に明るく綺麗に撮影できる技術を紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP