ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もともとはタバコの箱に様々なアーティストの手によって描かれたものだそう。「En L’An 2000」は1899年の作品。日本で言えば明治時代の始めです。

1900年に開催されたパリ万国博覧会のために作られたようですが、資金不足で流通がうまくいかず、1986年になってSF作家アイザック・アシモフ氏に使用されるまでほとんど知られていなかったのだとか。

現代と比較してみる"大昔の未来像”は必見です!

01.
空飛ぶ消防隊

やっぱり未来の象徴といえば、"空を自由に飛ぶ"は外せませんよね。最近はドバイで火災の対応に「ジェットパック」の使用が採用されましたが、1800年台の人々は"羽ばたく"技術が進化するとイメージしていたようです。

02.
郵便配達屋も飛ぶ!

まさかこの時代にEメールが登場することになるとは想像もつかなかったでしょう。でも、こんなふうに届けて貰えたら素敵ですよね!

03.
空中タクシーも登場

駅と思われる建物の看板には「AERO CABS」の文字。さすがに現代でもここまで気軽な移動手段として空飛ぶ乗り物が登場していませんね。タクシーが空を飛ぶようになるためにはもう少し時間が必要そうです。

04.
未来の大型戦闘機

大型の戦闘機も翼があるタイプではなく飛行船のイメージ。ライト兄弟が有人動力飛行に成功したのが1903年と思うと、当時の人々にとっては自然なアイデアだったのかも?

05.
装着型や乗るタイプも

一方で"乗るタイプ"も一般的になっているとの予想。同時に"着るタイプ"も。左の男性は警察官で、交通整理をしているようです。

06.
スカイテニス

もちろん遊びでも飛んじゃいます。紳士のスポーツテニスは空で!

07.
エンジン付きの
ローラースケート

足で漕ぐのか、エンジンに任せるのかどっちつかずですが、乗りこなすには練習が必要そうです。

08.
美容室は全自動に

乗り物以外では、自動で動く美容室なども。遠隔操作ですべて管理できているようです。

09.
テレビ電話は映写機で!

これはこれでイイかも!

10.
電車の姿が・・・

ちょっと不思議な形をしています。先頭がかなり未来的です。

11.
建築も全自動

現代には、3Dプリンターで家を立てちゃうところもありますよね。実現しているものもチラホラ。

12.
自動床拭き機

自動床拭き機。掃除機のように"吸い込む"ではなく、"磨く"に特化しています。動作の制御は手動の模様。

13.
ヒヨコマシーン!?

卵を通すと、ヒヨコになる謎の装置?自動飼育機と書かれていますが、一体どんな機能なのでしょうか。

14.
脳内にインストールしていく
未来の学校?

これは、書物に記載されているデータを直接頭に入力中?捉え方によっては、インターネットの原型とも考えられるかも…有線ですが。

15.
自動演奏するオーケストラ

大型のスピーカーなんてない時代です。やっぱり大きな音量で音楽を奏でるためにはより多くの楽器を演奏する必要がありました。未来なら、すべて自動で演奏してくれるはず!そうイメージして描かれたのがこのイラストなのでは?

16.
畑作業も遠隔で管理

農場も遠隔操作によって運営しています。が、こちらも有線!

17.
洋服は
その場でオーダーメイド

採寸したら、要望通りの洋服をその場で作っちゃうマシーン。3Dプリンターの技術が進んだら実現しちゃうかも?

18.
お化粧マシーン

もしも髪型から化粧まで自動で整う技術ができたら…。女性としてはやっぱりラクですよね。

19.
寝台車両

寝台列車の車版。これだけ広々としていたら気持ちよさそう。

20.
潜水アクティビティが豊富に

その他、水中にも様々な予想が。今と比べて、海や空など、陸地以外の世界に強く憧れていたのでしょうか。海のイメージがいくつも描かれています。

21.
海の中から
バードハンティング!?

22.
深海レースが開催

23.
クジラの水中遊覧船

24.
海底ゲートボール

19世紀の人々が描いた未来予想図はいかがでしたか?そのままではないにしても、実現しているものもありましたよね。作品は合計で87作品。その他の作品が気になった人はこちらから。

Reference:France in XXI Century (fiction)

関連記事リンク(外部サイト)

【奇跡の法則】周波数を「432Hz」にすると、音の聞こえ方が違った!
「長男・次男・三男」彼氏にするなら?
使われなくなった「鍵」が、命を吹き返した瞬間

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP