体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語を英語のまま読むために効果的な7つの方法

英語学習を続けていると、表面的には読めるものの、内容がさっぱり頭に入ってこないというケースを時々経験することがあります。

この理由は様々ですが、今回は、書いてある内容を理解できるようになるために、効果的な方法を7つご紹介してみます。

 

1:ボキャブラリー(単語力)を増やす

ボキャブラリー(単語力)を増やす

photo by shutterstock

単純に、単語力が十分でない場合。いくつかの単語と意味がつながっていない・推測も難しいために、全体的に何が書かれているのか理解できないパターンです。

英英辞典・英和辞典をフル活用して、知っている単語の数を増やして行きましょう。英英辞典は、日常的な基本語のみに制限して、その中で説明してくれているので、言い換えの練習にもなりますし、ネイティブの実際に使う表現の中で覚えられるので、自然な使い方を知ることが出来ます。

 

加えて、関連する派生語やイディオムなども覚えるようにすると、一つの単語から沢山発展させて学べます。必要であれば、類語辞典などで同じような意味のものをまとめて覚えましょう。

専門用語や対訳の決まっている語は、英和で先に確認しましょう。接頭語や接尾語など、語の中でも特に意味を持つものをまとめて覚えて行くのも、効率の良い覚え方だと思います。

 

2:イディオム・句動詞・構文を覚える

イディオム・句動詞・構文を覚える

photo by shutterstock

普通の英英辞典のほかにも、役立つ英語の辞典では、’Dictionary of Idioms’と‘Dictionary of Phrasal Verbs’などがあります。

こちらも、決まったフレーズを、基本語のみに制限した中で、丁寧に説明してくれるもので、薄い問題集つきのものもあります。中上級で、伸びているのか実感もあまりないような時など、これらの辞書を使うことで、モチベーションもアップしますよ!

構文などは、たいてい高校時代の参考書やTOEFL用問題集などが役立つことも多く、自分にあったものを選んで、一冊を徹底的に使いこなしていくのがおすすめです。

 

3:多読する

多読する

photo by shutterstock

一つずつの文章を、小さく区切って、訳しては前に戻って…英文を日本語に置き換えて読み進めていると、結局何を言っているのか、全体像がつかめなくなってしまうパターンもあります。

これを克服する為には、ひたすら読む量をこなして、慣れていくしかありません。(国語が得意な人は、本好きが多いのと同じ原理ですね。)

 

多読のコツは、自分が辞書なしで気楽に読み進めていくことだと言われています。とにかく沢山、ストレスなく、色々な文章を読んで行くことから始めましょう。

慣れることが大切なので、楽しんで読める好きな本で構いません。

 

4:リスニングと合わせてリーディングする

リスニングと合わせてリーディングする
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。