ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アメリカン・ミュージック・アワード】でスクリレックス、ディプロ、カルヴィン・ハリスが大勝利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月22日に開催された【アメリカン・ミュージック・アワード】にて、ディプロ、スクリレックス、ジャスティン・ビーバーが今年のコラボレーション賞を受賞したほか、カルヴィン・ハリスがフェイバリットEDMアーティスト賞を獲得し、ダンスミュージックの変わらぬ勢いを見せつけた。

 ディプロ、スクリレックス、ジャスティン・ビーバーの3人による「ホウェア・アー・ユー・ナウ」は今夏、米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”に18週チャートインし、ビーバーは初めてダンスミュージック界へ本格進出を果たすことになった。リアーナやテイラー・スウィフト、そして「アップタウン・ファンク」などの他ライバルと比べ、このコラボは(今年のノミネートに対するファン投票において少なく見積もっても)大当たりだったと言えるだろう。

 一方、カルヴィン・ハリスは2015年において至る場所でその名が見られる存在となった。2014年後半にリリースしたアルバム『モーション』からの複数シングルをはじめ、「ハウ・ディープ・イズ・ユア・ラブ」しかり、フォーブス誌による“世界で最も稼いだDJ”では3年連続No.1となった。

関連記事リンク(外部サイト)

ニューオーリンズの“生きる伝説”ドクター・ジョンが75歳に、盟友トゥーサンの死に心痛
アデル『25』リリース時にSpotify、Apple Musicでのストリーミング配信はナシ
フレディ・マーキュリー伝記映画ついに来夏撮影へ、主演は『007 スペクター』のQ役か

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP