ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フー・ファイターズ、テロの犠牲者に捧げ5曲入りEPを無料リリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フー・ファイターズ、テロの犠牲者に捧げ5曲入りEPを無料リリース

 デイヴ・グロール率いる米ロックバンドのフー・ファイターズが、11月13日のパリ同時多発テロの犠牲者に捧げる無料EPをリリースした。

 同バンドは『Saint Cecilia EP』をwww.saintceciliaep.comにてリリース。5曲入りの同EPはストリーミングもしくはダウンロードが無料ででき、ファンはレコード盤を10.99ドル(約1,350円)で予約できる。

 フー・ファイターズのウェブサイトでは、イーグルス・オブ・デス・メタルのコンサート中に犠牲になったバンドのイギリス人マーチャンダイズ・マネージャー、Nick Alexanderの家族や同襲撃事件の犠牲者たちを支援するための募金を呼び掛けている。

 フー・ファイターズは同事件後、ヨーロッパ・ツアーの残りの日程をキャンセルした。グロールはイーグルス・オブ・デス・メタルやそのオリジナル・メンバー、ジョシュ・オムと関わりが深く、オムのバンド、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの3rdアルバム『ソングス・フォー・ザ・デフ』ではゲスト・ドラマーを務めた。

 なお、グロールは先週、フー・ファイターズのウェブサイトで次のような手紙を公開している。

 「今夜は、数週間前にベルリンのホテルで書いた手紙の前書きで始めたいと思う。11月13日の悲惨な事件を考えると、今回のプロジェクトが全く違った様相を示すようになったため、これを書かなくてはと考えた。

 『Saint Cecilia EP』は今年10月、命と音楽の祝福として始動させたんだ。ワールドツアーも終わりに近づいたので、みんなが与えてくれてきたものへのお返しに互いの愛を共有したかった、というのがコンセプトだった。

 今や、小さなことではあるものの、時として暗闇になる世界にこれらの曲が小さな光をもたらしてくれるかも知れないという願いがある。音楽は命であり、希望と癒しが歌と手を取り合っていくのだと思い出させてくれる。奪うことはできないのだと。

 パリでの凶行で被害にあった全ての方をはじめ、そのご家族や友人たちにお悔やみ申し上げます。またいつの日か戻って来て、一緒に命と愛を我々の音楽で祝福しよう。そうすべきなのです」

◎『Saint Cecilia EP』収録曲:
1. Saint Cecilia
2. Sean
3. Savior Breath
4. Iron Rooster
5. The Neverending Sigh

関連記事リンク(外部サイト)

ニューオーリンズの“生きる伝説”ドクター・ジョンが75歳に、盟友トゥーサンの死に心痛
アデル『25』リリース時にSpotify、Apple Musicでのストリーミング配信はナシ
フレディ・マーキュリー伝記映画ついに来夏撮影へ、主演は『007 スペクター』のQ役か

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。