ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

腸内環境を整えてくれる、おなかに優しい「11の食品」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近お腹の調子が優れない…そんな時は、食べる物を考えなおすのが一番の近道だ、と「Little Things」のPhil Mutz氏。たしかにごもっともな意見ですよね。

では、実際におなかの調子を整えてくれるものってどんなもの?彼が勧めている食べ物を参考にしてみましょう。

01.
腸内を洗浄してくれる?
「ズッキーニ」

Mind Body Green」によれば、ズッキーニはデトックスに最適な野菜とも言えるそう。食物繊維が豊富なため、腸内を洗浄したり腸壁に付着した発ガン性物質を洗い流してくれる効果も!

02.
食物繊維が手軽にとれる
「ポップコーン」

意外かも。「Health.com」によれば、3カップ分食べても100カロリーに満たないので、食物繊維を摂取するにはとてもいいのだとか。味付けには注意が必要ですが、お腹には優しいようですね。

02.
発酵食品で腸内改善
「ザワークラウト」

ホットドックのつけあわせでよく使われている、発酵させたキャベツの塩漬けです。酸味があるのが特徴で、「EverydayHealth.com」によれば、消化機能を活性化させる善玉菌が豊富なのだとか。肉類と合わせて使われるところにも、先人の知恵が活かされているそうですよ。

04.
体内の毒素を除去
「玄米」

玄米も食物繊維が豊富な食べ物のひとつ。「Livestrong.com」は、消化効率をアップし排泄を促すことで、体内の毒素を除去してくれると説明しています。

痔や便秘の改善など体の調子を整えてくれる効能には様々な期待がありますが、まずは白米とのハーフ&ハーフなどから試すと気軽に挑戦できるかも♪

05.
糖質控えめで、食物繊維が豊富
「キウイ」

食物繊維が豊富なフルーツはたくさんありますが、なかでもキウイはオススメだとか。「Health.com」によれば、ガスを発生させて膨満感の原因になる糖質が控えめ。ビタミンCもたっぷり摂取できるそうです。

06.
"腸内の掃除屋"とも
「ほうれん草」

SFGate」は腸内の環境を整える効果について紹介しています。「腸内の掃除屋」なんて呼ばれることもあるくらいで、痔や憩室炎の予防も期待できるそうです。

07.
腸内細菌のバランスを改善?
「ヨーグルト」

「腸には何兆ものバクテリアが存在しており、消化活動を助けていますが、ヨーグルトにも同じ健康的な細菌が含まれています」

そう「Health.com」に書かれている通り、腸内細菌のバランスを善玉菌優勢に調整してくれるそうです。一部研究によれば、腸内環境を健全に保つことで幸福感に繋がる"セロトニン"の分泌にも役立つというから侮れません。

08.
便秘解消に効くかも
「プルーン」

豊富な食物繊維はもちろん、腸や膀胱の機能を改善させる役割も担っているようです。その果汁には下剤や栄養剤に含まれている成分もあるそうなので、便秘にもよく効くと考えられています。まずは、自分の体にあっているかどうか一度医師に相談してみるといいと「Healthline」は紹介しています。

09.
脂質が少なくガスが出ない
「ビーンズ」

豆類は脂質が低く食物繊維が豊富な食べ物。「EverydayHealth.com」によれば、ガスの発生も少なく膨満感を防げることがわかっているそうです。

10.
万物の原動力
「水」

「水は万物の原動力」なんて言葉もあるくらいです。消化機能だけにとどまらずあらゆる部分に影響があると「Dr.Oz」は伝えています。便の柔らかさにも関係しており、腸内をスムーズに移動させることにも役立つそうです。

11.
炎症を抑える効果も?
「サーモン」

「オメガ3脂肪酸」が豊富で消化にもよいそうです。栄養バランスが良く、炎症を抑えるなどその他にも多くの健康効果が期待できるのだとか。「Mind Body Green」によれば、最も消化にいい食べ方は"焼き"だそうなので、お腹に優しいものを食べたい時に試してみては?

Licensed material used with permission by Little Things,11 Surprising Foods To Help You Fight Stomach Trouble And Stay Regular,Phil Mutz

関連記事リンク(外部サイト)

脳を傷つける可能性がある「3つの食品」
ワキの匂いをおさえる「8つの方法」。冬だからこそ要注意!
ゆで卵の殻が、わずか「5秒」で剥けちゃう驚きのテクニック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP