体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クドクド上司の口撃を回避しよう!怒らせずに逃げ、再発を防ぐ方法とは?

f:id:tany_tanimoto:20151124113840j:plain

  上司や先輩の「クドクド口撃」にウンザリした経験、ありませんか?

 自分が重大なミスをした場合であれば、素直にお叱りを受ける気持ちになりますが、何度も何度も同じ非難をされたり、日によって言うことが違ったりする場合は、早くその場から逃げ出して、大切な時間を有益に使いたいもの。本当は、面と向かって「端的にお願いします!」なんて言えたらいいのですが、そんなことができたら苦労しません…。

 そこで今回は、上司や先輩の口撃が始まりそうなときに、相手の気持ちを逆なですることなく話を切り上げる方法、そして、上司から「クドクド口撃」のターゲットにされないための予防策をご紹介します。

 前回に引き続き、1万2000人以上に「話し方」を指導してきた「話し方教室 青山コミュニケーションセミナー」代表・栗原典裕氏にお話を伺いました。

「やり過ごす」は危険!口撃がさらに長引く可能性も

 上司からお小言を言われている間、それを「やり過ごす」方法は人によってさまざま。例えば、「聞いているフリをして別のことを考えている」「上司を宇宙人だと思うようにして、精神的ダメージを軽くする」などでやり過ごしている人も多いのでは。

 これらの手段も、状況によっては有効かと思いますが、あまりお勧めはできません。なぜなら、そうした気持ちや姿勢は、隠そうとしていても相手に伝わってしまうからです。「やり過ごそう」という気持ちが伝わると、相手のイライラが増幅し、ますます解放してくれなくなるかもしれません。

 そもそも、お小言をクドクド言い続けるタイプの上司や先輩とはどんな人物でしょうか。おそらく、会社から高評価を得て出世街道を駆け上っていく人物は少ないのでは。会社のエースなら重要な仕事を任されていることが多く、無駄に長い時間をかけて誰かを攻めている暇はないはずです。また、部下や後輩をネチネチ口撃したところで、チームや組織のパフォーマンスが上がるわけではありません。それなのに人を攻めることに時間を費やせる人というのは、人の行動や態度を細かく見ている可能性もあるということです。万が一、自分が軽んじられていると感じ取られたら、クドクド時間はさらに長くなるかもしれません。ですから、頭を真っ白にするのではなく、相手を立てながら、きっちりと向き合うことが前提となります。

「感謝」を伝えると、相手の口撃心が薄れる

 長々とお小言を聞いている間、皆さんはどんなリアクションをしていますか。うつむいたまま、じっと聞くか、あいづちを打つにしても「はい」「はぁ」「えぇ」「そうですね…」「すみません…」のループになっていたりしないでしょうか。

 でも、これでは相手が飽きるまで終わりません。相手が思わず口撃の手をゆるめてしまう「一言」を繰り出しましょう。

それは「ありがとうございます」です。

 しっかりと上司に向き合って、「ありがとうございます」。さらに、叱責に対する感謝の言葉を伝えます。

「課長に指摘していただいて、自分に足りないのはどこなのかわかりました」

「自分が甘かったです。気付かせていただいて、ありがとうございました」

 クドクド言っている相手に感謝の言葉を伝えるのは抵抗があるかもしれません。でも、この瞬間だけでも「自分のためを思って叱ってくれている。ありがたいことだ」というプラス思考に何とか転換してみましょう。心から感謝してみると、言葉にも真実味が出ます。

 感謝されてなお、怒り続ける人はそういません。上司も「…お、おお、そうか。わかったならいいが」と、叱り続ける気力が削がれるのではないでしょうか。何度も使える手ではありませんが、1回使うだけでも、上司があなたを見る目が変わり、叱責回数が減るかもしれません。

f:id:tany_tanimoto:20151124113928j:plain

相手が「こいつとの対話を終わらせたい」と思う状況に追い込む

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。