ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根連覇狙う青学 往路を圧倒差で優勝し復路は消化試合に?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 号砲まで50日を切った箱根駅伝の“デッドヒート”はすでに始まっている。その中心にいるのは箱根王者・青山学院大、そして同校を率いる「異色の指導者」原晋監督だ。全日本大学駅伝ではライバルの東洋大・駒澤大の「青学潰し包囲網」に苦杯を嘗めた青学大だが、自他共に認める「負けず嫌い」の原監督に、巻き返しの秘策はあるのか──。

 前号では東洋大、駒澤大の「青学包囲網」が往路勝負を仕掛けてくる可能性について触れたが、スポーツライターの酒井政人氏は、「箱根での復讐」のために、原監督はこんな策を用意しているのではと語る。

「5区の神野大地(4年)にひとつでも上の順位で襷を渡すため、往路に主力選手を置いてくるのが青学大の戦略でしょう。そうなると注目は各校がエース級を投入する花の2区。青学大は今年と同じ一色恭志(3年)を置いてくるでしょう。

 彼は今年の箱根でも区間3位の好走。今年はさらに成長し、ユニバーシアードのハーフマラソンでは銀メダルを獲得。出雲ではアンカーとして優勝のゴールテープを切り、さらに全日本でも区間2位と好調を維持しています。

 一色選手が2区終盤の山場・権太坂のあたりで他校を引き離し、5区・神野にトップで襷を繋ぐ。そうすれば往路で圧倒的な差をつけ、復路が“消化試合”になる可能性が出てきます」

 原監督の「倍返し」は見られるか。

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
正月の風物詩・箱根駅伝 関東以外の大学も出場できるのか?
新山の神 青学・神野大地は本田圭佑流有言実行ビッグマウス
駅伝 東洋大・柏原を他大監督「怪物。大学生のレベル超越」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP