ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

H.キッシンジャー氏 冷戦下の「忍者外交」で世界を驚かせた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 たった一人の人物の、積み重ねた努力、計算ずくの駆け引き、起点を利かせた行動が、国や世界を動かすことがある。歴史の流れを変えた人物たちは、どんな外交を展開してきたのか。ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー(1923-)のエピソードを紹介しよう。

 冷戦下のニクソン政権、フォード政権における「忍者外交」で世界を驚かせた男。

 ベトナム戦争が泥沼化していた1969年1月、大統領に就任したニクソンは大統領補佐官のキッシンジャーに中国との関係改善を指示するメモを渡す。情報漏洩を怖れたキッシンジャーは外交を担当するロジャース国務長官と国務省には一切知らせず、まったくの水面下で中国との交渉を重ねた。

 迎えた1971年、キッシンジャーがついに動く。ベトナム、タイ、インドに続き訪れたパキスタンで「胃腸を悪くしたので48時間治療に専念する」として公の場から姿を消す。

 同行記者団を煙にまいたキッシンジャーは秘密裏にパキスタン大統領専用機に乗り込んで北京を訪問し、周恩来と極秘会談を行った。これを受け、1972年2月にニクソンが米国大統領として初めて中国を訪れ、歴史的な米中共同声明(上海コミュニケ)を発表した。

 この後、キッシンジャーは米中和解を外交カードとして、戦争相手の北ベトナムを国際的に孤立させ、アメリカの悪夢だったベトナム戦争を終結に導いた。この功績で彼はノーベル平和賞を受賞した。

※SAPIO2015年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
毛沢東氏と会談しなかったキッシンジャー氏 男の嫉妬恐れた
ベトナム 50歳以上、年の差16歳以上の韓国男性との結婚禁止
李明博氏 ベトナム政府の逆鱗に触れ国賓訪問一時拒否された

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP