体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雄大なアルプスが広がるスイスのおすすめ観光スポット35選

Photo credit: 上原 直「憧れのヨーロッパアルプス、マッターホルンを眺めるスイス旅」

Photo credit: 上原 直「憧れのヨーロッパアルプス、マッターホルンを眺めるスイス旅

TRiPORTライターのさとりんです。
今回は小さい頃にわたしがよく家族旅行で訪れたスイスについて、ご紹介したいと思います。
皆さんはスイスにどのようなイメージをお持ちですか? やっぱり一番に思い浮かぶのは、ハイジ。大自然の中を走り回るハイジに憧れたことはありませんか?
スイスは治安がよくて清潔で、観光するのに最適な国です。雄大なアルプスの山々と緑豊かな高原と、鉄道のイメージが強いスイスは、ハイキング好きの高齢者が行く場所だと思われがちです。しかし、スイスは面積は小さいですが、想像以上に多様性に満ちていて、自由旅行に最適な国です。
スイスについてまだまだ知らないあなたへ、スイスのおすすめ観光スポットをご紹介します。

スイスの概要

正式国名:スイス連邦
面積:約4万1277km2(九州よりやや小さい)
人口:約793万人
首都:ベルン Bern
政体:連邦共和制、永世中立国。

スイスの地図

Photo credit: Central Intelligence Agency (World Factbook) [Public domain], via Wikimedia Commons

Photo credit: Central Intelligence Agency (World Factbook) [Public domain], via Wikimedia Commons

スイスの観光都市とスポット35選

ツェルマット

Photo credit: Maho Fukukawa「ハイジに会いに?!スイスの旅その1(マッターホルン、チューリッヒ編)」

Photo credit: Maho Fukukawa「ハイジに会いに?!スイスの旅その1(マッターホルン、チューリッヒ編)

アルプス観光の拠点であるツェルマットは、マッターホルンの麓にあるスイスの山岳リゾートです。年間を通して、アルピニストやスキーヤーで賑わっています。
この街はガソリン車の乗り入れが禁止されていて、電気自動車が走行しています。そのため、空気がとってもきれいなんです。
ツェルマットの街は、1時間程あれば周れてしまうほど小さな街。しかし、メインストリートにはお土産屋さんやレストランがたくさん立ち並び、楽しむことができますよ。また、500年以上前に建てられたヴァレー州の典型的な古民家が残されていて、ロマンチックで静かな街です。

1. マッターホルン

Photo credit: 上原 直「憧れのヨーロッパアルプス、マッターホルンを眺めるスイス旅」

Photo credit: 上原 直「憧れのヨーロッパアルプス、マッターホルンを眺めるスイス旅

標高4,478m。スイスとイタリアの国境に立っています。独特の四角錐のかたちをしていて、山頂は、険しく反り返った斜面を持つ山です。その勇ましさから多くの人々を魅了しています。アルプスの山の中でも一番人気のある山です。
朝焼けのマッターホルンは、陽の当たり方によって様々な表情を見せてくれます。

2. マッターホルン・グレーシャー・パラダイス展望台(3833m)

Photo credit: Tamako Morita「スイス縦断旅行その1!チューリッヒ~ツェルマット編」

Photo credit: Tamako Morita「スイス縦断旅行その1!チューリッヒ~ツェルマット編

ツェルマットから8人乗りの高速のロープウェイに乗り、さらに大型のロープウェイに乗り次いだところにあるヨーロッパ最高地点の展望台です。この展望台がある場所は、マッターホルンの隣にあるクライン・マッターホルン。マッターホルンに少しでも近づきたい方には、是非行ってみましょう。
ロープウェイに乗車中、眼下と目の前に氷河が広がり、その光景は圧巻です。展望台からの風景も360度のパノラマがひろがり、壮大で、大自然のすばらしさを感じることができますよ。夏でも展望台の気温は氷点下なので、訪れる際はしっかりと暖かい服装でいきましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。