ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春夏秋冬・四度の滝と四度の味わい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月21日放送の「土曜スペシャル」(テレビ東京系、午後18時30分~)では、水郡線、磐越西線のローカル線で紅葉スポットを巡り、遼河はるひさんと保田圭さんが「四度の茶屋・三六亭」(茨城県久慈郡大子町)を訪れた。

昭和11年創業の老舗である同店は、高さ120メートル幅73メートルの名瀑「袋田の滝」を眺めながら一服できる茶店だ。袋田の滝は季節ごとに味わいを変えることから四度の滝とも呼ばれ、お店の一角にある露台(ろだい)の席では四季の滝を一望できる。案内されたふたりは「だってもう目の前滝だもんね!」と圧巻の絶景に喜びの声をあげた。

お店の名物はけんちん汁でうどんを味わう「けんちんうどん」。豆腐やきのこなど、具材がふんだんに入った濃厚なけんちん汁が麺によく合うという。
さっそく麺をすすりこんだ遼河はるひさんは「うん、おいしい。冷たいおうどんだから、こってりがすごくあうかも」とコメント。保田圭さんも「めっちゃおいしいこれ。色んな具材がはいってるから、おダシがめっちゃでてる」とコメントした。

豊富な具材から染み出るダシがうまみを増すけんちん汁は、ほかにそばと合わせても味わうことができる。春夏秋冬に違った味わいを見せる「四度の滝」の景色と合わせて味わいたい一品だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:三六亭 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:常陸大宮・大子のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:常陸大宮・大子×和食のお店一覧
ニンニクをたっぷり使用したラーメン「アリランチャーシュー」
壁一面の水槽で新鮮な魚介が泳ぐ「おたる魚亭」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP