ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛すべき残念男子~家事大好き男子編~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男友達の部屋にお邪魔した時の事。「男の一人暮らしだから」と汚い部屋を想像していたのですが、正直私の部屋よりきれいでビックリ……ではなくドン引きしてしまいました。そこで、家事が大好きな男子にまつわる「残念男子」を紹介したいと思います。

「残念男子」認定ポイント①家事で休日が潰れる

一人暮らしの経験がある人なら分かると思いますが、家の事をしようとすると、時間がかかります。普通に仕事をしている人なら、休みの日ぐらいしか家事をするチャンスがありません。

家事で休日が潰れてしまうくらいキチンとしている男子はちょっぴり残念。当然ながら一緒に過ごす時間が無くなってしまいます。

「残念男子」認定ポイント②主婦目線の買い物をする

以前ちょっと良い感じになっていた家事大好きな残念男子は、一緒に買い物に出掛けても、主婦目線な便利グッズにばかり目がいっていました。

ムードもへったくれもない発言をする男子はやっぱり残念。かわいい雑貨を一緒に見ても「どうせホコリかぶるから」とか「掃除しずらい」と一蹴。まるでお母さんと買い物をしている気分になって気持ちも冷めてしまいます。

「残念男子」認定ポイント③なかなかの潔癖症

潔癖症男子こそ非常に残念。しかも、そういう男子ほど自分が潔癖症である自覚がありません。

私の会社の隣の席のそこそこイケメン男子はまさに家事大好きの潔癖症男子で、机の上には無駄な物は一切置かず、常に除菌シート常備。

自分が潔癖症である事は否定しますが、彼の服からはいつも柔軟剤の優しい香りがしていて、彼女がいないという彼の実生活に謎が漂うのです。

不潔な男子よりはマシですが、もう少しズボラな方が女子にとってはありがたいのです。家事だけではなく、隙を見せることがモテに繫がると私は思うのです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。