ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イーグルス・オブ・デス・メタルのジェス・ヒューズ、パリ連続銃撃事件を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米国のロックバンド、イーグルス・オブ・デス・メタルのメンバーは、11月13日の仏パリでのライブ中に起きた89人の死亡者を出した銃撃事件について語った。

ジェス・ヒューズとジョシュ・オムは、ヴァイス・メディアの創設者であるシェーン・スミスと共にインタビューの席に座った。インタビューの映像は今週公開予定だ。

公開に先がけ、ヴァイス・メディアはインタビューの一部を公開した。映像では、ヒューズが感情をあらわにして惨劇を語っている。

ヒューズは映像の中で、「観客の何人かは、僕たちの楽屋に隠れた。だけど、やつらはそこに入って行き、全員を殺した。僕の革ジャンの下に隠れていたひとりの子どもを除いて」と語っている。

彼は、「死んだふりをする人もいて、みんなすごく怖がっていた。ここまで大勢の人が殺害された大きな理由は、多くの人が自分の友達を置き去りにして逃げなかったからだ。多くの人が、友達や他の人をかばおうとしていた」と続けた。

ヴァイス・メディアのインタビューは、イーグルス・オブ・デス・メタルにとって事件後初のインタビューとなる。バンドのメンバーは全員が無事だったが、彼らのクルーには助からなかった者もいた。バンドのグッズ販売担当のニック・アレクサンダー、レコード会社の従業員トーマス・アヤッド、マリー・モッサー、マニュ・ペレズはこの事件で命を落とした。

インタビューの概要はこちらから:

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP