体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラッフルズ発祥のカクテル、シンガポール・スリングとは?

Photo credit: Kazue Kitajima「SINGAPORE②」

Photo credit: Kazue Kitajima「SINGAPORE②

こんにちは! TRiPORTライターのTKです。
シンガポールの最高級ホテルといえば、伝統的なコロニアル様式が目を引くラッフルズ・ホテル
そのラッフルズ・ホテルにあるロング・バーで1915年に生まれたカクテルが、シンガポール・スリングです。
シンガポール湾の夕焼けをイメージして作られた赤とピンクのカクテルは、絶対に飲まないと帰れない一品です。
今回はラッフルズ・ホテルとシンガポール・スリングについて紹介していきたいと思います。

RAFFLES SINGAPORE ラッフルズ・ホテル

1887年に開業し、現存する19世紀のホテルは世界でも珍しいです。近代的な高層ビルが立ち並ぶエリアに、クラシカルで重厚感のある白亜のホテルは、特別なオーラを放っています。
全6種の全室スイートルームから構成されています。宿泊者のウェルカムドリンクには、シンガポール・スリングが用意されていますよ。
このホテルのシンボルともいえるサービスの高いドアマンは人気ですよね! また、さすが最高級ホテル、宿泊者には24時間対応の専属のバトラーが付いていてレストランの予約もしてくれます! 海外での予約って慣れていないと意外と大変なので助かります。
ホテル内には高級ブランドショップの他にも、ここでしか購入できないグッズやどんな方にも喜ばれるTWG TEAなどのお土産も多く扱っており、是非一度は訪れたいスポットです。

住所:1 Beach Rd, シンガポール 189673
営業時間:8:30〜21:30(ショップ)
電話番号:+65 6337 1886
オフィシャルサイト:http://www.raffles.jp/singapore/
地図:

ロング・バーで生まれたカクテル、シンガポール・スリング

ロング・バーの雰囲気

Photo credit: ogug「はじめてのシンガポール旅行」

Photo credit: ogug「はじめてのシンガポール旅行

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。