ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月9で拍車!女性に人気「お坊さん」や、特殊な職業の彼と出逢う方法って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

月9ドラマ『5→9』で山ピーこと山下智久さんが演じたり、街コンでも女性に人気の職業となっているお坊さん。
普段の生活で接点がなさそう、と思いきや、意外と出逢える場面ってあるんです。
お坊さんだけでなく、テレビドラマなどで根強い人気の弁護士や刑事とも出逢う方法をご紹介します。

 

お坊さんとの出逢い方編

「美坊主図鑑」という写真集が発売されたり、高野山フェスタでは「美坊主ファッションショー」などが話題を呼びました。お坊さん以外の活動をされている方が多いので出逢いの間口が広いです。

 

・BARで出逢う
まずは中野・四ツ谷に2店舗構える「坊主BAR」。以前omotanoでも取り上げました。
》不毛な恋の悩みも即成仏!? 坊主バーがアラサー女子の駆け込み寺すぎる件

こちらはお坊さんがカクテルをつくってくれます。酔った勢いでお店のお坊さんにお友達のお坊さんを紹介してもらう…なんてこともありです。

 

・カフェで出逢う
ちょっとBARは行きにくいという方はカフェという選択肢も。
「寺カフェ代官山」や「神谷町オープンテラス」はいずれもお坊さんが営むカフェ。
寺カフェ代官山は「お坊さんと話す会」など定期的にイベントも開催されているので、チェックしてみてはいかがでしょう。

 

・イベントで出逢う
美坊主ファッションショーを開催した「高野山フェスタ」や、都内では毎年「向源」という仏教と音楽を軸にしたイベントが開催されます。
向源はお坊さんとの無料相談コーナーが設けてあり、マンツーマンでお坊さんとお話をすることが出来ます。実際に友人がお坊さんから名刺をもらいました。

 

弁護士との出逢い方編

弁護士ドラマは日本のドラマは『HERO』や『リーガルハイ』。海外ドラマでも『アリーmyLove』や『ザ・プラクティス』など国内外問わず人気。
ドラマと実際の職業とは大きな違いがありそうですが、高給取りなだけに人気の職業です。

 

・相談で出逢う
確実なのは相談で出逢う方法。「法テラス」などでは無料で相談もおこなっているので、悩みを解決しながら出逢ってみるのはいかがでしょう。

 

・弁護士ドットコムで働いて出逢う
約3500人以上の弁護士が登録している「弁護士ドットコム」。これだけの弁護士が集まっていればもしかしたらチャンスがあるかもしれません。

 

・法律事務所の一般事務で働いて出逢う
今更弁護士に転職するのは厳しいですが、弁護士の一般事務で働けば、社内恋愛も夢じゃないかもしれません。

 

刑事との出逢い方編

刑事ドラマは、放映されていない時期を見つけるのが難しいくらい、毎シーズン放映されています。
弁護士と一緒で、ドラマと実際の職務に違いがありそうですが、はまっている刑事ドラマがあったら出逢えただけでテンションが上がってしまいそう。

 

・合コンをする
お坊さんや弁護士に比べると、出逢いやすいのが刑事。友達の友達にいるという可能性が高いので、無難に合コンが一番早いでしょう。

 

・犯罪に巻き込まれる
落し物などをすると交番に届け出をしますが、刑事には出逢えません。もう少し大きな犯罪に巻き込まれると刑事が登場します。私はひったくりにあった時に出逢えました。

 

いずれも女性人気が高い職業。しかし実際に嫁ぐとなると大変そうなので、現実とのギャップには注意が必要です。

 

ライター:goma
自身の不登校の経験から不登校問題に真剣に取り組むために株式会社Marianneを設立。ニートの時は「ニートレンタル」というサービスを作りメディアに取り上げられる。辛い経験を未来への輝きに変える経験に変えれる人を増やすために活動している。

株式会社Marianne(http://marianne.biz/
意識高い系ニート ブログ(http://neettech.co/
Facebook(https://www.facebook.com/weixu.hehe
Twitter(https://twitter.com/gomachan1210m

 

関連記事リンク(外部サイト)

男性は閲覧禁止!こんな顔の男には要注意!
男性の80%は「楽しい女性」が好き! じゃあ「一緒にいて楽しい」ってどのライン?
ワンナイト狙いの見抜き方!「隠れチャラ男」を心理学で見抜く3つの方法
【調査】家事のできる女性はやっぱりモテる?男性が結婚したい女性像とは。
夢に出てきた異性を好きになる? その後を徹底調査!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP