ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「BASIO KYV32」のソフトウェアアップデートを開始、誤って着信拒否登録してしまう問題などを修正

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 11 月 24 日、京セラ製 Android スマートフォン「BASIO KYV32」に不具合解消のためのアップデートの配信を開始しました。今回のアップデートは Android 4.4 における不具合修正のみで、電話アプリで意図せず着信拒否登録を行ってしまうことが多発したため、その設定方法を変更したほか、天気ウィジェットで「データ取得エラー」になる現象を修正しています。着信拒否登録の設定は、メニューボタンをアドレス帳画面のトップから右上のメニューに移動させて誤操作で登録してしまうことを防止しています。BASIO のアップデートは設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」で実行することができます。アップデート後のソフトウェアビルドは「V102.0.2020」です。Source : KDDI

■関連記事
LG Watch Urbane 2nd Edition LTEの発売中止の理由はディスプレイユニットの欠陥による画質の劣化
KDDI、データ容量を他のauユーザーにプレゼントできる新サービス「データギフト」を11月27日に提供開始
Square、Android PayやICチップカードの読み取りに対応した新型Sauareリーダーを米国で提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。