ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungはKDDI向けに「SCV32」を開発、厚さ5.9mmのGalaxy A8の派生モデル?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI 向けに開発されている可能性の高い Samsung スマートフォン「SCV32」が 11 月 23 日付けで FCC の認証を取得しました。FCC ID は「A3LSCV32」です。型番から KDDI 向けの機種であることはほぼ確実なのですが、SCV32 の詳細は分かっていません。一部では、厚さ 5.9mm の極薄スマートフォン「Galaxy A8」の派生モデルとの見方も伝えられています。その理由はバッテリー容量です。SVC32 にも Galaxy A8 と同じ 3,050mAh のバッテリーが積まれているので、Galaxy A8 ではないかと見られています。その Galaxy A8 は Android 5.1(Lollipop)を搭載したミッドレンジクラスの大画面スマートフォン。5.7 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 615 1.5GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16 / 32GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、3,050mAh バッテリーを搭載しています。Source : FCC

■関連記事
Square、Android PayやICチップカードの読み取りに対応した新型Sauareリーダーを米国で提供開始
ゲーム実況のライブ配信サービス「Twitch」のAndroid TV版がリリース
Samsung、モバイル決済サービス「Samsung Pay」で8種類のクレジットカード・デビットカードを新たにサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP